はじめに

ひと昔前は、折りたたみの形をしていてもとても持ち歩く気にならなかったノートパソコンも、近年はどんどん軽量化しています。それだけ外にパソコンを持って出たいという需要が増えたという事ですね。

持ち歩けるノートパソコンの事を「モバイルパソコン」と言います。ここでは、持ち歩ける重さのパソコンを選ぶコツを書いていきます。

モバイルPC(ノートパソコン)の種類

大きく分ければノートパソコンのタイプは3種類に分かれます。家で置き型パソコンとしても安定して充分使える大きさのタイプと、持ち運び目的のために小ささを追求したタイプ。そして、もっとコンパクトなタイプです。

オールインワンノートパソコン

A4サイズが主流です。重量2~3kg前後のモデルが多く、持ち運びには適さないもあるのですが、近年、1.5kg以下の軽量タイプも増えつつあります。

コンパクトノートパソコン

B5サイズが主流です。重量は1.5~2.5kgのモデルが多く、持ち運びに適した大きさと重さです。キーボードも大きさの割には打ちにくいというほどではありません。

モバイルノートパソコン(ミニノートパソコン)

B5サイズ以下が主流です。オールインワンと比較すると、パソコンとしての基本機能が劣っている事が多いのですが、無線LANやバッテリーのもち時間などの機能に優れています。重量は約2kg以下が主流です。

モバイルPC(ノートパソコン)の重さ

最初から外出先で使う目的で購入するのならば、できる限り軽い方が良いですよね。

どのくらいの重さの物を選べば良いか

持ち歩けるノートパソコンの重さとしては、1.5kg以下の物をお薦めいたします。現在、いわゆるミニノートパソコンでは、軽い物は1kgちょっとの物もあります。重い物では1.7kgくらい。

家電売り場などでは、価格が書いてあるPOPに重さも表記されているはずですので、購入の際には確認しましょう。

持ち運びやすさ

衝撃の事を考えても、そのまま持ち運ぶ人は滅多にいないわけですが、社内など近距離を持ち運ぶ方にとっては持ち運びやすさも重要な要点になってくる事でしょう。

「バッグに入れれば良い」と言えばそれまでですが、会議室までの移動など少しの移動でも楽にしたい方は、店でパソコンを選ぶ際に閉じた状態で持ってみる事もパソコン選びのポイントの1つです。

モバイルPC(ノートパソコン)を選ぶ時の注意

持ち歩くのだからと、小さければ小さいほど良いわけではありません。使う目的を考えて購入しましょう。

何に使いたいか

当然の事ですが、持ち運びのために本体の小ささを求めれば、ディスプレイもキーボードも小さくなります。ディスプレイはA4で大きくて15インチ程度。B5だと11インチから13インチ程度になります。

B5より小さいサイズでエクセルやワードを使おうと思ったら、相当苦労する事になるのではないでしょうか。逆に、ネットしか使わない場合は大きいディスプレイは必要ないかも知れませんね。

どのくらいの時間使うか

持ち運ぶとなると、当然コードで電源を取るわけではないので、バッテリーの容量が必要になります。自分が外でどのくらいの時間使うかによって選ぶ物が変わってくるでしょう。

HDDとメモリ

HDD(ハードディスク)とは、データを保存しておく記憶装置のような物です。これはGB(ギガバイト)の単位で表示されています。160~250GBくらいあれば充分でしょう。

メモリとは、一時的な記憶装置だと思ってください。安定して動作してもらうためには2GB以上を搭載しているパソコンが良いでしょう。

おわりに

モバイルPCを選ぶ時は、軽いからといって安易に選ばない。ましてや可愛いからといって安易に決定しない事が大切です。

どこで使うか、何に使うかなどライフスタイルに合わせて考えていきましょう。

毎日のように持ち歩くモバイルパソコン。気に入った物が見つかると良いですね。この記事が少しでも参考になれば幸いです。