仕事をしたり、勉強をしたりするのに持ち運びに便利なモバイルPCの購入を検討されている方もいらっしゃるかと思います。いろいろな機能や種類があり、どのPCが自分に合っているのか、選択するのは大変だと思います。

今回は、モバイルPCを購入しようと思ったときに検討したい自分だけのカスタマイズができる直販PCの魅力をご紹介します。

直販PCってなに?

コンピュータを購入するときには、大きく分けて3つの方法があります。

  • 電気屋さんなどで購入する
  • ネットショップで購入する
  • メーカー等のネットショップで細かく仕様を指定して購入する

直販PCは3つ目の細かく仕様を指定して購入することです。つまり、最初から自分好みにカスタマイズしたパソコンを注文することができます。

直販PCの魅力

無駄がない

量販店でPCを購入すると、不要なアプリケーションなどがたくさん入っていることが多いと思います。直販PCは自分が使う機能、好きな機能を盛り込むことができるので、自分にとって無駄なものを購入する必要がありません。

最初から、自分のニーズに合ったパソコンを自分で細かく選ぶことができますので、効率的です。

OSが選べる

Windows OSとひと言で言っても、XP、Vista、7などさまざまな種類があり、さらに例えば、Vistaの中でも、 Home Basic、Home Premium、Ultimate 、Business、Enterpriseなど、エディションも細かく分かれています。

それぞれのOSでできることが変わってきますので、当然、値段も違ってきます。インターネット閲覧しかしないのに、最上位OSである必要はないので、自分に合ったOSを選択したいときには、ピッタリです。

VistaのEditionについては、以下のページがわかりやすそうですので、どんな違いがあるのか知りたい方は、参考になさってください。

Windows Vista Info

英語キーボードが選べる

英語キーボードは、その名の通り、英語圏の方々が使っているキーボードで、キーに日本語表記はありません。配列も少し違います。ブラインドタッチができるのであれば、英語キーボードを選択するのもよいかもしれません

その理由は、モバイルPCはどうしても持ち運びすることを重視するため、サイズが小さいものも多いと思います。英語キーボードは日本語キーボードよりもキーの数が少ないので、必然的にキー1つ1つが少し大きくなります。

キーボードが小さいのは打ちづらくて嫌だなーと思っている方は、英語キーボードにすると、日本語キーボードより大きなキーを使うことができますよ。

自分の好きなメモリ容量を増設できる

パソコン購入の際に、多くの方が気にされるメモリ。メモリとは、コンピュータ内でデータやプログラムを記憶する装置のことで、足りなくなってしまうと、ハードディスクに書き込みにいくため、動作が遅く、不安定になったりします。

インターネットしかしない、Wordだけなどという使い方でしたら、そんなに影響を与えることはないと思いますが、重いファイルを扱ったり、ゲームをしたり、動画を再生したり、複数の作業をしたい方には大切な部分ですね。

直販PCはメモリを自分が好きな容量に増設することができます。量販店で購入するPCはメモリを増設できないものもありますし、新しいメモリを購入したときに、もともと使っていたメモリが無駄になってしまうこともあります。

液晶や色が選べる

液晶は、使用目的によって解像度の高いものなどを選択することができますし、画面の光沢具合なども自分の好みを反映させることができます。

また、PC自体の色も個性的なカラーやデザインのものが多くあり、ホワイト、ブラック、シルバーなど無難なPCでは物足りない方にはよいと思います。

本格派ゲームをできる高性能パソコンを選べる

量販店でも、「ゲームができるパソコン」は売っていると思いますが、絵がきれいだったり、複雑なゲームなど本格的なゲームをやりたいと思ったら、メモリ、空き容量、グラフィックなど、求められるパソコンの性能も高くなります。

そんな高性能なモデルは、多くの人が購入するものではないので、量販店には置いていないことがほとんどです。

量販店モデルにない機能をつけられる

量販店で売られているパソコンは、一般的な機能を搭載して、ほとんどの人が無理なく使うことができるモデルになっていることが多いでしょう。

例えば、最近の携帯電話が採用している3Gモジュールで、パソコンの通信したいというのは、多くの人は行う方法ではありません。そういったモジュールなどは当然、量販店モデルには搭載されていません。

直販モデルでは、特殊なモジュールなどを追加することができます。

低コスト

直販PCはインターネット通販なので販売コストがありません。また、注文を受けてから組み立てが行われるのでメーカー側は在庫をストックする必要や流通コストもかかりません。

そして、自分が必要なだけの機能を搭載することができますので、無駄なコストを払う必要がありません。そういったことから、必然的に、もし、同じ機能のパソコンがあったとして、量販店で買うよりも値段が安くなります。

おわりに

パソコンに詳しくないと、お店で店員さんに勧められたものを購入することが多いと思いますが、「○○というゲームがやりたい」「こんなことはできる?」などと思ったら、最初にカスタマイズできる方が後々使い勝手もいいですよね。

自分がどんなことをやりたいのか、それに付随する欲しい機能はどんなものかなどを明確にし、自分で調べたり勉強する必要はありますが、カスタマイズしたPCは長く、快適に使えると思います。

気になる方は、直販PCも視野に入れて、色々と情報収集をして、購入を検討してみてはいかがでしょうか。