はじめに

皆さんPayPalはご存知ですか。海外では普及が進んでるPayPal決済ですが、日本ではまだ知らないという人も多いと思います。

PayPalとはインターネットを利用した決済システムで、購入者は個人情報を運営者(事業者)に知られる事なく簡単に決済出来るメリットがあります。

もちろん、運営者(事業者)にとっても様々なメリットがあります。今回は事業者向けPayPal決済システム「ウェブペイメントプラス」についてご紹介いたします。

ウェブペイメントプラス導入方法

ウェブペイメントプラスについて

ウェブペイメントプラスを導入する事で、購入者はより安全なPayPalサイトで支払いをすることができます。また購入者がPayPalアカウントをもっていない場合でも、クレジットカード決済をする事ができます。

決済から最短3営業日で現金化

VISA、MASTER、JCBのクレジットカード決済で、最短3営業日~6営業日で現金化する事が出来るので、締め日を気にすることなく店舗運営に専念する事ができます。

月額料金・決済手数料について

月額利用料(3,000円)

初期導入費用やシステムサポート費用もなく、月額料金と従量料金で利用する事ができ、サイトを複数利用していても、全てペイパルアカウントの利用だと、1アカウントの利用料だけで済みます。

4月15日(金)までに申し込むと、月額利用料(3000円)が半年間無料になります。(18000円お得)

決済手数料について

アカウントで商品やサービスの代金を受け取る場合、アカウントで受け取った代金に対し、以下の決済手数料がかかります。

PayPal会員(購入者)のメリット

購入者は、画面遷移することなくスムーズに決済を完了出来るので、購入者が決済画面にとまどい途中で支払いを中断することが少なくなります。

PayPal会員

「注文確定」→「PayPal決済画面にてログイン」→「決済内容確認」→「注文(決済)完了」

非PayPal会員

「注文確定」→「会員登録をせずに決済を行う」→「必要情報を入力」→「決済内容確認」→「注文(決済)完了」

必要情報とは、クレジットカード情報、氏名、住所、電話番号、メールアドレスの事です。

バーチャル ターミナル(オプション)について

電話、ファックス、メールでの注文に便利な機能です

バーチャル ターミナルのオプションをつける事で、電話やファックス経由で受け取った購入者のクレジットカード情報でカードによる支払いを受け付けることができます。

PayPalアカウントにログインし、購入者のクレジットカード情報をPayPalの管理画面内のバーチャル ターミナルに入力することで決済をかんたんに処理する事ができます。

バーチャル ターミナルは、ウェブペイメントプラスの月額手数料のみで利用できますが、EC登録の事前審査を受ける必要があります。

おわりに

決済ソリューションとして、購入者にも、事業者様にも大変メリットがある「ウェブペイメントプラス」を是非導入してみてはいかがでしょうか。

詳細はPayPalウェブペイメントプラスをご覧ください。

(Photo: https://www.paypal.com/jp/cgi-bin/marketingweb?cmd=_home-general&nav=0)