はじめに

社会人となって企業に入社すると、メールでのやりとりを頻繁に行うようになります。お客様との大事なメールや同僚とのたわいのない雑談メールも、自然と蓄積されていきます。
パソコンはいつ壊れるか分からないので、メールのバックアップはこまめにとっておく必要があります。僕はメールソフトとしてフリーのThunderbirdを使っているので、Thunderbirdのメールをバックアップする方法を以下に記載します。

用意するもの

  • MozBackup
    • Thunderbirdのメールをバックアップしてくれるツールです。
MozBackupはWindows専用のツールのため、Macユーザなどその他のユーザは他の方法でバックアップしてください。

MozBackupのダウンロードとインストール

1.以下のサイトからMozBackupをダウンロードします。

2.ダウンロードが完了したら、任意の解凍ソフトで解凍します。
3.インストーラを起動して、インストールを行います。

Thunderbirdのメールをバックアップする

1.スタートメニューのすべてのプログラムからMozBackupを起動します。

2.操作の選択で、保存(バックアップ)を選択し、アプリケーションでThunderbirdを選択します。

3.バックアップするプロファイルを選択し、バックアップファイルの格納先を指定します。

4.バックアップしたファイルをパスワードで保護するかどうかを選択します。

5.保存する内容を選択します。通常はデフォルトのままで問題ありません。

以下の画面が表示されたら、バックアップは完了です。指定したディレクトリにThunderbird 3.x. (ja) - yyyy-mm-dd.pcvというファイルが作成されているはずです。

おわりに

上記の手順でThunderbird3のメールをバックアップすることができます。バックアップしたファイルはできればファイルサーバなど普段使用しているパソコンの外に置いておくのがベストです。
ちなみに僕の場合は、毎月第一営業日にバックアップするようにしています。大事なメールが消えてしまわないようにこまめにバックアップすることをオススメします。