ハッシュタグとは何か

今さらながらという感じですが、まずハッシュタグとは(#タグ)つぶやきのグルーピング機能のこと。
たとえば「#aaaa」というタグで検索すると、「#aaaa」というタグの付いたつぶやきが一覧できるので、話題をまとめてつかみたい人にはオススメ。

ハッシュタグを自分で作ったり、既存のタグを使ってつぶやいたりする場合にはまず「@hashtags 」をフォローします。
「@hashtags 」をフォローすると、自動的にフォローされます。

人気のハッシュタグなどが確認できるサイト

http://hashtagsjp.appspot.com/

通常は

一般的にハッシュタグは「この話題について、他の人はどんなつぶやきをしているのかしら?」と、自分の外側の世界を見るもののようです。
他の人の意見をざっと眺めるためにある、といいますか。

私の使い方

上記の使い方とは、まるきり逆です。
不特定多数の他者のつぶやきを見るのではなく、自分の特定のつぶやきをまとめるのに使います。

私は外へ食事に行くと必ずそのお店について、お店の名前、URLを書いたつぶやきをPostします。
お店のカードももらいますが、ウェブ上に情報を一覧にまとめておいた方が参照するのが簡単だからです。
ところが数日経って、そのお店の情報をもう1度見たいと思ったとき、そのつぶやきを探すのが大変です。

twilog

http://twilog.org/

これは自分のつぶやきを1日分ずつまとめてくれる超便利なサイトですが、つぶやきの量がハンパない人にとっては、これを遡るのもキツい。

そんなときに

私のような「つぶやき病」には特にもってこいの方法です。
それは自分だけしか使わなそうなハッシュタグを付けること。

たとえば私は、自分が「食事に行ったお店の名前、URL」を書いたつぶやき
の中から、「Aというお店の名前、URL」を見つけ出したい。
そういうことがよくあるのです。

そこで「食事に行ったお店の名前、URL」をつぶやくときに必ず「#sonoko-gourmet」などと、他の人が使わないであろうハッシュタグを付けてつぶやきます。
自分の名前を付けたり、特徴的なタグにしたりというのがコツかも。

そうすることで、ハッシュタグでの検索をかけたとき「自分のグルメつぶやき」のみ表示され、そこから探せばいいことになります。

膨大なつぶやきの中から探すより、うんと楽です!

情報の管理

ネット上に置いて、いつでも見られるように情報を管理するのはいいこと。
しかし情報は多過ぎるので、どうやって素早く取り出すか、ということが重要になってくると感じる今日この頃。
今後も効率的な情報術を探し続けたいものです。