はじめに

モバイルPCは、外出先でヘビーに使う人が多いと思います。

ビジネスマンに人気のLet'snoteを、nanapi編集部でも標準パソコンとして使用していますが、それでも長時間使用するとなると、少しでも節約したいところ。

そこで、よりバッテリーを節約するための方法を紹介します。

ポイント

その1

一番簡単なのが、パソコンにもとからついている機能を使うことです。

たとえば、Windows7ですと、右下のほうに、以下のようなバッテリー表示があると思います。

ここをクリックすると

このような表示ができます。「省電力」を選ぶと、自動的にバッテリーを温存する設定にしてくれます。

また「その他の電源オプション」を使うと

このような表示がでます。ここで調整することも可能です。

その2

CPUのクロックをさげてしまうという方法があります。

CPUのクロックを下げると、発熱が抑えられるため、ファンの動作を押さえることができます。

SpeedswitchXPというソフトを使えば、電源を利用しているときは、CPUのクロック数を最大にし、バッテリーの時は低クロックにするということができるようになります。

詳しくは、以下のサイトを参考にしてみてください。

その3

当たり前ですが、そもそも外出先で充電しちゃうという手もあります。以下の記事を参考にしてみてください。

なお、電源が使える主な場所として

  • マクドナルド
  • ルノアール

などが有名です。最近では、セブンイレブンなどでも電源を解放しているところがあります。

電源がある場所を検索するには、以下のサイトがオススメです。

また、東京電力が公衆電源というものを設置する、という試みも始まっています。

無料で使える!東京電力が公衆電源「espot」を日比谷に設置中 - はてなブックマークニュース

こういうところで、こまめに電源を補充することで、長持ちさせるという方法もあります。

おわりに

外出先でバッテリーが切れたら大事ですよね・・・。是非とも参考にして、長持ちさせるようにしてください!