TwitterからFacebookページに自動投稿できると便利ですよね。TwitterからFacebookページへの連携は、「Smart Tweets for Pages」というアプリで行うことができます。

当記事では「Smart Tweets for Pages」でTwitterからFacebookページに自動投稿する方法について解説します。

「Smart Tweets for Pages」は、「Smart Twitter Pages」と表記されることもあります。

STEP1:アプリにアクセスする

Facebookに個人アカウントでログインした状態で、「Smart Tweets for Pages」にアクセスし、「Install to Profile」をクリックします。

STEP2:アプリを許可する

アプリの許可画面が出るので、「許可する」をクリックします。

STEP3:Facebookページを選択する

Twitterと連携させたいFacebookページについて、「Set Twitter Account」という青文字をクリックします。

STEP4:確認ボタンをクリックする

STEP3で選択したFacebookページで本当にアプリを用いるのかどうか確認画面が出るので「Authorize Smart Tweets」というボタンをクリックします。

STEP5:Twitterとの連携を確認する

Twitterと連携させてもいいのか確認画面が出るので、「Authorize with Twitter」をクリック。

STEP6:Twitterにログインする

連携させたいTwitterのユーザー名とパスワードを入力して、「許可する」をクリック。これで、連携完了です。

実際にやってみた

本当に連携できているのかどうか心配だったので、連携させたTwitterのアカウントからつぶやいてみました。

Facebookページに反映されました!「Smart Tweets for Pagesから」と表記されてますね。

設定方法

連携完了後、「Smart Tweets for Pages」のアプリのページで、どの程度TwitterとFacebookページを連動させるのかという範囲を設定できます。「click here」の「here」という青文字をクリック。

リプライやリツイートも連動させたければ、チェックボックスにチェックを入れて、「Update」をクリックします。

解除する方法

「やっぱり連動させるのいややわ~」と思った場合に備えて、解除方法も解説しておきます。

個人アカウントでログインした状態で、左サイドバーの「アプリ」をクリック。

最近使ったアプリなどが表示されますが、「他を見る」をクリック。

「あなたのアクティビティの公開範囲を管理するには、こちらをクリック」とあるので「こちらをクリック」をクリック。

「不要または不適切なアプリを削除」とあるので、「削除」をクリック。

「Smart Tweets for Pages」の行の右端にある小さなバツ印をクリック。

本当に削除するのか確認画面が出るので、「削除」をクリック。これで解除できます。

おわりに

いかがでしょう。「Smart Tweets for Pages」でTwitterからFacebookページに自動投稿する方法についてご理解いただけたでしょうか。

これでますますFacebookページを盛り上げることができそうですね!

(Photo by こつこつ)