はじめに

iPhoneの音楽再生で

あー途中から聞きたいのに、再生バーをドラッグすると行き過ぎちゃうんだよなー

って、思ったことはありませんか?
そんな時に意外と気づかれていない、再生位置を細かく指定できる方法があるんです。

左右は再生位置で上下が動くスピード

再生バーをドラッグするときに指で隠れてしまいがちですが実は「スクラブ」についての説明が表示されているんです。

その説明にしたがって、ドラッグしたまま指を上下に動かしてみるとドラッグして再生位置を指定する細かさを変えることができます。

スクラブ(高速)

コントロールバーに指を重ねてドラッグ

これはそのまま指を動かした分だけ、コントロールバーに割り当てられた時間の長さの分だけ再生位置が移動します。

スクラブ(半分の速度)

画面の中央よりも上の方でドラッグ

通常よりも、指を動かすときの移動幅が半分程度になります。
少し細かくコントロールできるようになりましたね。

スクラブ(1/4の速度)

画面の中央よりも下の方でドラッグ

半分の時よりもさらに移動幅が小さくなり、もっと細かくコントロールできます。

スクラブ(細かく)

画面の下の方でドラッグ

すごく、細かくコントロールできるようになります。
ここだとフレーズ単位で位置を指定できるんではないでしょうか。

おわりに

スクラブ(高速)以外は、画面の左右両端までいっても曲の最後や最初にはならないので、少し練習が必要かもしれませんがいざ使い始めるとかなり便利に使えます。

音楽の再生だけでなく動画やポッドキャストの再生時にでも使えます