はじめに

日本でもユーザー数が増えてきたFacebook。実名制なので、連絡が途絶えてしまった友達などを探しあったりできるのも魅力です。

実名制の悩みどころの一つは、結婚や家庭の事情などで苗字が変わったとき。新姓では古くからの友達になかなか見つけてもらえないし、かといって旧姓のまま通していいものか・・・?著者も苗字が変わったときに、Facebookの登録名をどちらにするか悩みました。

でも、Facebookの機能を使うと、旧姓と現姓を両方表示したり検索することができるんです。その方法をいくつかご紹介します!

プロフィールページに旧姓と現姓を表示する方法

この方法では、プロフィールページに旧姓と現姓を両方表示することができます。別名はHanako Yamada (Suzuki)のように、名前の後ろに( )で追加されます。通常のアイコンではHanako Yamadaのみを表示します。

STEP1

Facebookにログインし、右上の「アカウント」から「アカウント設定」を選択します。

STEP2

「名前」の欄で「変更」をクリックします。

STEP3

入力画面が出ました。ここで、上には現在登録してある名前が表示されています。「別名」の欄に、旧姓やニックネームなどを入力して変更を保存します。例ではSuzukiと入力しました。

「この名前をプロフィールに表示する」をチェックすると、あなたのプロフィールページの名前の後に(Suzuki)のように表示されます。

STEP4

「変更を保存」をクリックすると名前が変更されます。これでプロフィールの表示がHanako Yamada (Suzuki)になります。

表示が変更されるのはプロフィールページだけ。でも、追加した別名で検索できるので、旧姓しか知らない人もあなたを見つけることができます。

ミドルネームを利用する方法

この方法では、旧姓と現姓を両方表示できます。すべての名前の表示がHanako Suzuki Yamadaになります

STEP1

プロフィールに旧姓と現姓を表示する方法のSTEP2までと同様にして、名前の変更ページを表示します。

STEP2

ミドルネームの欄に旧姓や別名を入力します。( )をつけることもできます。

STEP3

変更を保存すると、ミドルネームを入れた名前に変更され、Hanako Suzuki Yamadaがすべてに表示されます。( )をつけた場合はHanako (Suzuki) Yamadaのようになり、どちらの姓を主に使っているのかがわかりやすいですね。

どちらの名前で検索しても引っかかるので、旧姓もしくは現姓しか知らない人もあなたを探すことができます。

友だちリクエストの際に名前が変わった旨を伝える方法

プロフィールの表示などは変更せずに、個人的に姓の変更をお知らせする方法です。友達リクエストのときメッセージで旧姓をお知らせすれば、相手もすぐにあなただと認識できますね。

ただしこの方法は、旧姓や別名で検索している人は、あなたを見つけることができません。知り合いに見つけてもらいたい場合は、別名やミドルネームをプロフィールに登録することをおススメします。

STEP1

友達リクエストをするとき、「メッセージを追加」ボタンをクリック。

STEP2

「お久しぶりです鈴木花子です。昨年結婚して山田花子になりました。・・・」などのメッセージを入れて、友達リクエストを送信します。

知らない人からリクエストがくると、ドキッとするもの。あなたが誰なのかをしっかりお知らせしましょう。

おわりに

Facebookで出身高校や大学を入力すると、疎遠になっていた同級生から友達リクエストが来ることも。そんなときにも旧姓を表示できると、みんなに見つけてもらいやすくなりますね。

また、結婚しても仕事の都合などで、仕事では旧姓、プライベートでは新姓を使い分ける方も多いといいます。両方の姓を表示して、知り合いを増やしてみてはいかがでしょうか。

(Photo by 著者)