音楽配信の流行

iTunesはいまや日本でも主流の音楽配信サービスとして確固たる地位を築きました。音楽好きのみなさんも、そうでないみなさんも、iPodやiPhoneで音楽を楽しんでいるひとが多いのではないでしょうか。
こうした流れの中、CDのような物販による音楽サービスは今後衰退していくといわれています。それでもいいという人もいるでしょう。しかし中にはCDのような「形に残るなにか」が欲しい、という考えのひともいることでしょう。

アートワークって?

CDで言ったらジャケットのこと

アルバムアートワークとは、CDでいう「ジャケット」、それぞれデザインされているパッケージのことです。音楽の流通の主流がCDなどの物販から配信によるものへと移行していくにつれ、このパッケージデザインも紙の「ジャケット」ではなく画像ファイルの「アートワーク」として流通するようになってきました。

iTunesにCDを取り込むと…

配信されている楽曲に課金してダウンロードする場合は、その曲のデータと一緒にアートワークや、場合によっては歌詞データなども付属してくるのが普通です。
しかしレンタルCDショップで借りてきたCDなどを自分で取り込もうとする場合、取り込み中インターネットにつなぐことで曲名やアルバム名などは取得できても、アートワークまでは取得できません。

アートワークをつけたい

専用ソフトを使う

  • iTunesのアートワークを取得
  • ちゅねとも もちろん手動でもつけることができます。 ###方法は簡単 手順は
  • CDの曲をiTunesに取り込む
  • ブラウザからAmazonや楽天など、そのCDを販売しているサイトにいって、そのCDを売っているページにいく。
  • CDのアートワークが表示されているところにポインタをもっていき、クリックする。
  • アートワークが表示される。
  • アートワークを右クリックして、「名前をつけて画像を保存」で自分のコンピュータに保存する。
  • iTunesに戻り、左側のサイドバーの一番上「ミュージック」を開く。
  • さきほど取り込んだアルバムを右クリック。
  • メニュー一覧から「プロパティ」を選択しクリック。
  • 「情報」タブの「アートワーク」を選択しクリック。
  • 保存した画像を参照する窓がひらくので、さきほど保存した画像を選択し「開く」をクリック。
  • さきほどクリックした「アートワーク」の欄に、選択したアートワークが表示されていたら「OK」をクリック。

これで完成です!

補足

もともとiTunesの「詳細」タブをみると「アルバムアートワークの取得」という欄がありますが、これを実行してみてもほとんどのアルバムがアートワークを取得できないのが現状です。それでもせっかく聴くからには、アーティストがこだわったアートワークと一緒に音楽が聴きたい!という人も多いのではないでしょうか。ぜひ上の方法をためしてみてください!