はじめに

「結婚がしたい!」と思って婚活を始め、お見合いパーティーに出席したあなた。多くの男性と知り合うこの機会は、連絡先が一気に増えますよね。

しかし一度に連絡先が増えると管理が難しくなり、どの男性とどこまで進展しているのかあやふやになってきてしまうと思います。

そんな女性に活用していただきたいのが、Zoho CRM!このレシピでは下記のようなことができます。

  • お見合いパーティーで出会った人のリスト化
  • お婿さん候補者たちの選別の効率化
  • お婿さん候補者たちの管理

Zoho CRMを有効活用して効率的に婚活を進めましょう!

Zoho 婚活に必要なもの

  • Zohoのアカウント
  • お見合いパーティーで出会ったお婿さん候補者たちの連絡先
  • 「結婚したい!」という強い気持ち
Zohoのアカウントが無いと先に進めないので、まずはアカウントをゲットして下さいね!詳しくは、クラウド型顧客管理ツール「ZohoCRM」のはじめかたをチェックしてみて下さい。

出会った人たちをリードへ登録

お見合いパーティに参加したあなたは、幸運なことに10人もの男性と知り合うことができました。でも、10人がそれぞれどんな人だったか明日になったら忘れてしまいそう・・・。

そんな時は、その日のうちにZoho CRMに登録してしまいましょう!

Zohoのアカウントでまずはサインイン。お婿さん候補者たちの連絡先を「リード」に登録します。

STEP1:「リード」をクリック

STEP2:「新しいリード」をクリック

STEP3:候補者たちの情報を入力し、「保存」をクリック

  • 会社にその人が勤めている会社名と氏名を入力
  • に「あなたにとって重要な判断要素」を入力(私はその人が「兄弟のどの位置なのか」というのを判断要素にしました。)
  • その他、メール携帯電話職位詳細情報を入力

保存し終わったら再び「リード」に戻ります。「リード」をクリック→「新しいリード」をクリックという流れを繰り返し、すべて記入しましょう。

記入し終わると下のキャプチャ画像のようにリストが作成されます。

ここまででその日の作業は完了です!入力していくのは少し面倒ですが、これが終わると後がとても楽になりますよ。

リストに表示されているリード名をクリックするとその人のプロフィールが出てきます。

また、メールアドレスをクリックすればその人にメールすることもできちゃいますよ!定期的にメールを送って、どんどん仲良くなりましょう。

メールアドレスをクリックすると通常はOutlookなどのソフトウェアに繋がります。ウェブ上のメールサービスには繋がらないのでご注意下さい!

選別してランク付け

お婿さん候補者たちとメールや電話でやり取りをしていくうちに、あなたは自分に合いそうな人、好意をもたれていそうな人がわかってきました。

この段階に来ると、見込みのない男性と見込みのある男性とが混じったリードは混乱しやすいと思います。

そうなったら、「この人は見込みがありそう!」と思った人だけ「リード」から「連絡先」に転換しましょう!

転換することによってあなたにとって重要な相手の連絡先のみが「取引先」で表示され、効率的に婚活することが可能です。また、それぞれがどの様な段階まで進んでいるのかも把握しやすくなりますよ!

STEP1:リード名の中で「見込みのありそうな人」をクリック

STEP2:「次のステップへ」をクリック

STEP3:必須項目を入力してから「保存」をクリック

後から入力する必須項目はビジネス用語が並んでいるので、少し戸惑うかもしれません。こんな風に置き換えて考えるといいと思います。

商談完了予定日

「ここまでに交際するのかどうか決着をつける」という日。

商談のステージ

現状の二人の関係の進度で変えると良いでしょう。使わなそうな項目もありますが、下記を参考にしてみて下さい。

ステージ 考え方の参考例
条件確認 自分が相手に求めている条件を満たしているか確認
ニーズの分析 相手が自分に求めているものが何かを確認
提案 告白
意思決定 相手が自分に好意を持っていると確定
見積もりの提示 駆け引きの最終段階、一歩手前
交渉 デート
受注 相手からの告白
失注 見込みがなさそうだと判断
競合選択による失注 ライバル女性を選んだ

「保存」をクリックすると下のキャプチャ画像のようになります。「リード」から「取引先」に変わっているのがわかると思います。

以上で選別は完了です。ここからが婚活本番!絞った数人の男性とデートを重ねながら、お婿さん候補を更に絞り、本命を決定しましょう。

本命が決定!情報共有で有休申請をスムーズに

数人の男性とのデートを重ね、いよいよ本命の男性が決まりました!交際を始めて数ヶ月が経った頃、彼から有休を取得して一泊二日の温泉旅行に行こうとのお誘いが。

そんな時は上司や同僚とこの婚活リストを共有しておくと、あなたの活動状況もわかり有休の取得もしやすくなることでしょう!

Zoho CRMでは無料プランでも3人のユーザーまで共有できちゃいます!せっかくなので活用してしまいましょう。共有する為のユーザー登録は下の記事に書いてあるので参考にしてみて下さいね。

おわりに

無事に有休も取得でき、より一層彼とラブラブになったあなた。それから半年・・・遂に彼からプロポーズされました!もちろん返事はイエス。幸せな気持ちでもういっぱいです!

・・・というわけで、いかがでしたでしょうか?婚活の時は、極力相手に集中したいもの。連絡先の管理や上司や同僚への情報共有など、細かな作業は簡単に済ませたいですよね。

Zoho CRMは本来顧客管理ツールで、ビジネスシーンで使うものではありますが、少し工夫するとこんな風に活用することもできるのです。

今回はCRMの基礎機能に絞って解説しましたが、婚活への活用方法は他にもあると思います。使い方はあなた次第です!

あなたもZoho CRMでスマートに婚活を進め、素敵なお婿さんをゲットしちゃいましょう!

(Photo by 足成
(キャプチャ by よりこ)