はじめに

「しまった!メール作成途中なのに間違えて送信しちゃったよ!」

「後で見返したら、誤字脱字があった・・・」

「ファイル添付するの忘れちゃったぞ・・・やばい!」

こんな風にうっかり相手に送信してしまうことってありますよね。送る前にきちんとチェックすべきではありますが、人間誰しもこうしたミスをしてしまうのが悩ましいところ。

そんなうっかりミスを防いでくれる画期的な機能が、Zoho Mailにはあるんです!

用意するもの

  • Zoho アカウント

アカウントの登録方法については下の記事に詳しく載っているので、チェックしてみて下さいね。

うっかり送信を防ぐ!送信トレイ機能を使おう

STEP1:サインインする

Zoho Mailにアクセスし、右上のサインインはこちらをクリックします。ユーザー名とパスワードを入力するように指示されるので、入力してサインインをして下さい。

STEP2:右上のタスクバーの中から設定をクリック

サインインすると下のような画面になります。

右上を見るとタスクバーがあるので、その中の設定をクリックして下さい。

STEP3:送信トレイで送信する時間を調整する

設定をクリックすると下のような画面になります。この中からメールタブを選び、個人設定の中のメールの作成をクリックして下さい。(個人設定の欄の上から二番目がメールの作成です。)

メールの作成をクリックすると、画面の右側に送信トレイという欄があります。

初期設定では「送信ボタンをクリックした後すぐにメールを送信する」となっていますが、これを「送信ボタンをクリックした後、~分後にメールを送信する」に変更します。

何分後に送るかの調整が済んだら、画面下にある保存ボタンをクリックして設定終了です!こうすることで、うっかり送信ボタンを押してしまっても、何分かの猶予ができるわけです。

設定するとどうなるのか

さて、設定はしたものの実際にどうなるのかわかりませんよね。筆者が実験してみました。

メールを送信すると送信トレイが太字になり、横には送信したメールの数が入ります。(筆者は一通送ったので(1)と表示されていますね。)

送信トレイをクリックすると、下の画像のように送信待ちになっているメールがあります。右端にある鉛筆マークをクリックすると編集できるようになっているので、編集したい場合は編集しましょう。

編集している間は勝手に送信されることなく、編集し終わるのを待ってくれます。編集が完了して再び送信ボタンをクリックするとカウントが始まります。(1分で設定していた場合は、1分数え直してくれます!)

おわりに

ちょっとした設定をするだけで、うっかりミスを減らす為の時間の猶予ができるのは助かりますね。

これでうっかり送信してしまった場合も安心ですよ!是非活用してみて下さい。

(Photo by 足成

(キャプチャ by よりこ)