はじめに

「自分専用のメールアドレスが欲しい。でもメールサーバーをレンタルするのが面倒…」という人は、独自ドメインだけを取得して簡単に自分ブランドのメールアドレスを作成する方法があります。

用意するもの

  • Zoho Mailアカウント
GmailやYahoo!メールと同様に、Zoho Mailのサイトからすぐに作れます。詳細は、ビジネス利用も安心!ZohoMlのはじめ方という記事をご参照ください。
  • ドメイン Zoho Mailの画面から購入できます。その他のサイトから買ったものでもOKです。

作り方

STEP1 メールホスティングを有効にする

↓まず、Zoho Mailにサインインし、画面上部にある「メールホスティングを有効にする」というリンクをクリックしてください。

ちなみに、メールホスティングとは、すでにあるサーバーやシステムを利用して独自のメールアドレスを作成し、メールの送受信をすることです。新しくメールサーバーを設置したり、管理者を雇ったりする必要がなく、値段も安く済みます。Zoho Mailでは、このメールホスティングが無料で行えます。

STEP2 ドメインを追加する

↓次に出てくる画面で、自分が持っているドメインを入力し、「OK」をクリックします。ドメインを持っていない人も、「ドメインの購入」というリンクから年10ドル(約1000円)くらいで購入できます。

STEP3 認証を行う

最後に、追加したドメインが本当に自分のものであることを証明する作業を行います。方法は2つ。自分がやりやすい方法で行ってください。

ステップ2の画面からドメインを購入した場合は、自動で認証&設定が行われるので、この作業は不要です。

↓(1)CNameを使用した認証方法。

  • 自分がドメインを購入したサービスページへ行き、IDとパスワードを使ってログインします。
  • 「ドメイン管理」や「DNS設定」という項目があるはずなので、そこから設定画面へ進みます。
  • CNameとホスト名を記入する欄があるはずなので、コピー&ペーストで設定します。
  • 1時間ほど待って、「認証」ボタンを押すと、認証が完了します。

↓(2)HTMLファイルを使用した認証方法。

  • メモ帳などを開き、認証コード(例:9c3035bbe2b64b87825b)をコピー&ペーストします
  • ファイルを保存するとき「verifyforzoho.html」という名前を付けます―(a)
  • Webサーバーに「zohoverify」という名前のフォルダーを作成します―(b)
  • (b)に(a)をアップロードします
  • その後、「認証」ボタンを押すと、認証が完了します。

完了後

↓認証が完了すると、追加したドメイン名の横に黄色い☆印がつきます。

↓また、「メールホスティングを有効にする」というリンクは無くなり「コントロールパネル」というリンクが現れます。ここから、グループ(メーリングリスト)の作成やアクセス権限の設定が行えます。

おわりに

いかがでしょう。気軽にメールアドレスの作成が行いたいときは便利ですよね。この他、Zoho Mail無料版では自分の他にユーザーを2人追加したり、グループ(メーリングリスト)を作成したりできます。興味がある人は、ぜひ試してみてください。