会議、飲み会、書類の提出日など…社会人には様々な予定が詰まっています。忙しいとついつい予定も忘れてしまいがちに…。大切な会議を忘れてしまっては大変ですよね。

そんなことにならないためにZoho Creatorを使ってリマインダーをつくって、自分自身にお知らせメールを送りましょう。

リマインダーとは、インターネットを使って、あらかじめ設定した時刻に電子メールなどで予定を通知する機能やサービスのことです。
アカウント取得までの流れは、[nanapi:26242]を参照してください。

リマインダーの作り方

今回は会議のためのリマインダーを作成しましょう。

STEP1:アプリケーションの作成

Zoho Creatorにログインし、右上にあるアプリケーションの作成をクリック。そうすると、上のような画面になります。

アプリケーション名、フォーム名は共にリマインダー。フォームのテンプレートはなしに設定しましょう。

STEP2:フォームの追加

左横にあるフィールドの挿入から、一行日付と時刻をドラッグ&ドロップします。それぞれタイトルを予定日付と入力しましょう。

それが完了したら、上部にあるその他のアクションからスケジュールでアクションを実行をクリックします。

STEP3:スケジュール設定

設定時刻が日本の標準時間になっていないので、実行するタイミングの横の変更をクリック。そうすると次のような画面が新しいウィンドウで表示されます。

タイムゾーンを日本の標準時間に変更します。日本の標準時間は3パターンほどあるのですが、どれを選んでも大丈夫です。

変更が終わったら完了をクリックします。その後はそのページは消しても大丈夫です。前のページへ戻って、次へを押して進んでください。

STEP4:リマインドメールの作成

次へ進むと、このようなページになります。フォームにカーソルを合わせると、EDITというアイコンが現れます。

こちらはメール作成画面です。

  • 宛先:自分のメールアドレス
  • 件名:今回の場合は「会議」
  • メッセージ:会議の場所や時間、内容など、詳細を書く

全て書き終わったら完了をクリックしてください。メール作成画面が閉じますので、その後このアプリケーションにアクセスをクリック。

STEP5:メール送信

予定日付にそれぞれ入力して送信をすれば、日付に入力した時間にメールが送られてきます。

繰り返し使うには

STEP1:前に使ったリマインダーの編集

ホーム画面から、リマインダーの左にある編集をクリック。そうすると「リマインダーの作り方」のSTEP2のページが出てくるので、何もせず上部にあるその他のアクションからスケジュールでアクションを実行をクリック。

STEP2:新しいフォームのスケジュールの作成

アクションの詳細をクリックしてください。ここからは「リマインダーの作り方」のSTEP4と同じ流れでリマインダーがつくれます。予定や時間を入力して保存、送信してください。

おわりに

決まった時間に自分にメールが送られてくるようになったら、大切な会議も、大切な約束も忘れませんね!

また、その日のうちにしなくてはいけないノルマなど、メールで届くとやる気も出ると思います。いろいろな使い方ができるのがこのZoho Creatorなのです。是非使ってみてくださいね!

(PHOTO BY:足成)
(キャプチャ by 著者)