離れて暮らす親からパソコンにトラブルがある度に電話が来る。しかし、言葉だけの説明では中々理解してもらえない。そんな体験をしたことはありませんか?

そんな時、Zoho Meetingを使えば、自分のパソコン画面を相手に見せたり、相手のパソコンを遠隔操作できるようになるので、とてもわかりやすく相手に伝えることができるようになります。

当記事ではそんなZoho Meetingの使い方をお教えいたします。

準備

アカウントを取得しましょう。

まだZoho Meetingの登録が済んでいない方は、オンラインでデスクトップを共有する!Zoho Meetingのはじめ方をご覧下さい。

まずは、ZohoのアカウントでZoho Mettingにサインインしてください。正常にサインインできれば、ホーム画面が表示されます。

Zoho Meetingで出来ること

ミーティングの作成

パソコンの画面を招待した相手と共有できます。

リモートサポート

招待した相手のパソコンを遠隔操作できます。

無料版の場合、リモートサポートは月5回まで利用可能です。

自分のパソコンの画面を親に見せる

メールで親をミーティングに招待し、自分のパソコン画面を見せることができます。

子供側の操作

STEP1:ホーム画面からミーティングの作成をクリック

STEP2:各項目を入力後、作成をクリック

  • ミーティングのタイトルに会議のタイトルを入力
  • アジェンダを入力する場合、アジェンダの追加をチェックし、入力してください。
アジェンダとは、議題、検討課題、予定案などのことです。
  • 参加者のメールアドレスに招待したい相手のアドレスを入力。
  • 音声会議をする場合はチェックを入れてください。

音声会議には別途料金と手続きが必要です、詳細はチェック後に表示される「使い方を表示」をご覧下さい。
  • ミーティングの時間が今すぐなら「今」、決まった時間があれば「後に設定」を選び日時を入力してください。

STEP3:開始するをクリック

こちらの準備は完了です。次は招待した相手の準備を待ちましょう。

親側の操作

STEP1:送られて来たメールの参加するをクリック

STEP2:参加をクリック

参加するをクリックし、ビューアーを選択してください。今回の場合、閲覧のみなので、Flashビューアーを選択し、参加するをクリックしてください。

STEP3:青い画面が立ち上がります

青い画面の内側に相手の画面が表示されます。

上部にあるツールバーを使えば、画面をフルスクリーンにしたり、チャットをすることができます。

親のパソコンをリモート操作する

メールで親を招待し、パソコンを遠隔操作することができます。

子供側の操作

STEP1:ホーム画面からリモートサポートをクリック

STEP2:セッションの開始をクリック

正常に開始されると、表示されている画面とは別に青い画面が立ち上がります。

STEP3:Invite by Mailをクリック

このような表示がでるので、招待したい人のアドレスを入力し、Sendボタンを押して下さい。招待メールが相手側に送られます。これで準備は完了です、相手の準備を待ちましょう。

親側の操作

STEP1:送られて来たメールのリンクをクリック

STEP2:セッションに参加

開始しない場合は、「もう一度試してください」、または「別の方法を試して下さい」をクリックしてください。

STEP3:YESをクリック

YESをクリックすると、設定は完了です。

子供側の操作:親の画面を操作する方法

正常に手順をこなすと、招待する側のパソコンに画面が二重に表示されます。普段どおりカーソルを動かし、操作をすると相手側のパソコンを操作することができます。

おわりに

いかがでしたか?これを使えば、口で説明しづらい操作を簡単に伝えることができますよね。

今回は親子での操作を想定しましたが、友達、会社の同僚など様々な場面で使えると思うので是非活用してみてください!

(キャプチャ by caramela )