Google+をお使いの方で、TwitterとFacebookを同時に使用している方も多いのではないでしょうか?

Google+へ投稿した内容を、同時にTwitterとFacebookに反映する事が出来たらとても便利ですよね。

今回は「plusfeed」というサービスを使って行う方法を解説します。

基本設定

STEP1:「plusfeed」でGoogle+のRSSフィードを作る

plusfeedは、Google+の自分の投稿をRSSフィードに変換して生成してくれる、非公式サービスです。

「http://plusfeed.appspot.com/」の後に、ご自身のGoogle+ IDをくっつけたURLを作ると、RSSフィードが生成されます。

Google+ IDとは?:Google+のプロフィール欄をクリックした時、上のURLに表示される番号です

例えば私(著者)であれば、「http://plusfeed.appspot.com/105798076732104995474」というURLになります。

STEP1のURLはメモ帳等に一度保存して置いてください。

STEP2:ユーザー登録する

その後、Twitterfeed.comを開いて、ユーザー登録をしてください。

ユーザー登録はYahooやGoogleのアカウントで可能です。左下のSign In With Open IDをクリックし、GoogleアドレスやYahooアドレスを入力してください。

Sign In With Open IDに表示されるサービスのID(yahoo!IDやGoogleのアカウント)を何もお持ちでないかたは、さらに一番下のDon't have an account yet?という部分から、会員登録をして下さい。

STEP3:STEP1のURLを入力

以下のような画面が表示されたらFeed Nameという欄にGoogle+と記入して、その下のBlog URL or RSS Feed URLという欄に、STEP1で準備をしたURLを記入してください。

STEP4:投稿される内容の詳細を設定する

STEP3の画像で一番下に表示されているAdvanced Settingsをクリックすると、設定画面になります。

  • 「Update Frequency」という項目は、どのくらいの時間間隔で、最大何個投稿できるか、という物です。30分間隔で5投稿に設定しましょう。

  • 「Post Content」という項目は、題名と本文どっちも含める?という項目なのです。どっちも含める、と設定しましょう。

設定が終わったら、一番下まで画面をスクロールして、次へ進んでください。

ここまでがTwitterとFacebook、共通の設定です。

Twitterの投稿設定

まず、一番上の「Twitter」ボタン(赤枠で囲っている部分)を押すと以下の画面になるので、そのまま青いボタンを押してください。

認証画面後、上に、プルダウンがあるところにご自身のTwitterIDが表示されたら成功です!

Facebookの投稿設定

「Facebook」ボタン(青く囲っている部分)を押します。FacebookもTwitterの時と同じように進んでください。

認証画面後、ご自身のFacebookネームがでます。

これで接続が完了しました。接続したものが一覧で表示されるので、問題なければ一番下の「All Done」ボタンを押してください。これで完了です。

試しに投稿してみる

色々試したところ、Google+で一般公開と選択したものが反映されるみたいです。

多少のタイムラグがあるものの、きちんとFacebook&Twitter両方反映されました。

おわりに

いかがでしたでしょうか?多少のタイムラグと投稿数制限はあるものの、便利な機能ですね。設定に少し時間がかかりますが、是非試してみてください。

(Photo by 著者)