はじめに

Dropboxは、ローカルで作成したデータをオンライン上のサーバと同期し、バックアップしておけるサービスです。パソコンやスマートフォンなど複数のデバイスで、同じデータを共有することができます。2GBまでは無料です。

大切なデータを誤って編集・保存してしまったときも、Dropboxにデータがあれば簡単に復元できます。

当記事では、Dropboxの上書き保存したファイルを元に戻す方法をご紹介します。

やり方

STEP1:元に戻したいファイル上で右クリックし、「以前のバージョンを表示」をクリック

Dropboxフォルダを開き、元に戻したいファイル上で右クリックし、出てきた項目の中から「以前のバージョンを表示」をクリックしましょう。

STEP2:バージョン履歴画面で「復元」をクリック

ブラウザが自動的に立上がり、DropboxのWEBサイトでファイルのバージョン履歴画面が開きます。

ここで元に戻したいバージョンの左横にあるチェックボタンをチェックし、右下にある「復元」をクリックします。

STEP3:完了

ページの上部に「復元されました」と表示されたら復元は完了です。自動的にパソコンのフォルダにも同期されます。

以前のバージョンのファイルは新しく作成される為、最新バージョンのファイルも残り、ファイルが2つ存在することになります。