はじめに

Dropboxは、ローカルで作成したデータをオンライン上のサーバと同期し、バックアップしておけるサービスです。パソコンやスマートフォンなど複数のデバイスで、同じデータを共有することができます。2GBまでは無料です。

Dropboxにファイルを保存しておけば、誤ってデータを削除してしまったとしても、簡単に元に戻すことができます。

当記事ではDropboxで削除したファイルを復元する方法をご紹介します。

やり方

STEP1:DropboxのWEBサイトにログイン

Dropboxにログインし、ホーム画面を表示します。

STEP2:「ゴミ箱」マークの「削除したファイルを表示」をクリック

ホーム画面の右上にある「ゴミ箱」マークの「削除したファイルを表示」というアイコンをクリックします。

STEP3:ファルダ内の復元したいファイル上で右クリックし、「復元」をクリック

削除したファイルを含むフォルダが表示されるのでクリックし、ファイル一覧画面にします。

削除されたファイルがグレーで表示されています。元に戻したいファイルの上で右クリックすると、「復元」という項目が出てくるので、そこをクリックしましょう。

フォルダ自体を復元したい場合は、フォルダ上で右クリックし、「Rejoin shared folder...」をクリックします。

STEP4:確認してさらに「復元」をクリック

復元するのかどうかポップアップが出てくるので、「復元」をクリックしましょう。

ページ上部に「『〇〇』を復元しました。」と表示されれば完了です。自動的にパソコンのフォルダにも同期されます。