電卓やペイントといった、ウィンドウズ標準の小物プログラムを簡単に開く方法を説明します。

効果効能

電卓やペイントといったソフトは、ふとした瞬間に必要になりますよね。

勿論、自分のパソコンであれば、ショートカットに登録したり、デスクトップにアイコンを置くなりすれば簡単に開けます。

しかし得てして、常に自分が自由にカスタマイズできる環境に居られるとは限りません。

どんな時でも、簡単お手軽にこれらのソフトを呼び出す方法を解説します。

基本はWindowsキー+R

まずはこのボタンを押して下さい。

こんなのが出ると思います。

ここに文字を入れてエンターを押すとあら不思議。よく使うソフトを呼び出すことができます。

いくつか例をご紹介します。

calc

電卓が起動します。

ちょっとした計算のために、いちいちスタートメニューの奥の方までクリックして探すよりらくちんです。

notepad

メモ帳が起動します。

ちょっとした文章編集や、コピペしてメモスペース代わりに使うと便利です。

mspaint

"ms"paintなので注意。

ちょっと画像のサイズを小さくしたり、スクリーンショットを送ったり、切り抜きをしたりするときに便利です。

wordpad

太文字や色付き文字も使える高性能メモ帳です。

ちょっと頭の中を整理しておきたい時なんかに、重たいwordを起動するよりも便利です。

URL

URLを入力するとページを開きます。

個人的にはあんまに使いませんが、アドレスがはっきりしているサイトを開くときは便利です。

あと、C:\と、パソコン内部のアドレスも入力できるので、ちょっと奥の方の階層のファイルを開く時には、便利だったりします。

最後に初稿ライターの小言

「パソコンを使える人」ってどんな人でしょう。

なんだか、凄い特殊なソフトを使いこなしたり、ばりばりに自分好みにカスタマイズしたパソコンでてきぱき仕事をこなして行く人でしょうか?

でも、結局それは、特殊な環境がなければ実力を発揮できないってことです。

何処にでもありふれた、ワードとエクセルの入ったWindowsPCのような環境で、どこまでスマートに仕事をできるか、挑戦していけたらなあと思う次第です。

関連記事