はじめに

最近はサーズ(SaaS)や、パース(PaaS)等という言葉をよく聞くことがあり
ますね。
何かクラウドと関係があるような感じがしますが、なかなか、理解しにくい言葉なので、まとめて解説しちゃいます。

SaaS、PaaS、IaaS

クラウドサービスの代表的な形態に、SaaS、PaaS、IaaSという3つの形態があります。これらの全てに通じるのは「所有から利用へ」という考え方です。
それぞれの違いを説明していきます。

SaaS

読み方:サーズまたはサース
Software as a Service

代表的なサービス

  • gmail(メールサービス)
  • Google Carender(スケジュール)
  • google docs(ワープロソフト)
  • Google Apps(メールやワープロ、表計算などのアプリケーションスイート)
  • salesforce(CRM)

一言で言うと:ソフトウェアを買うのではなく、サービスとして利用する形態

昔はASP(Application Service Provider)と呼ばれていました。基本的に内容は大きく変わっていません。
ソフトウェアを買って、パソコンにインストールして利用するモデルではなく、インターネットなどを利用し、特定のサイトなどにアクセスして、サービスとして利用するという形態です。
インターネットに繋がっていないパソコンはほとんど存在しないほどインターネットが普及してきたからこそ注目される形態です。

PaaS

読み方:パーズ、または、パース
Platform as a Service

代表的なサービス

  • Windows Azure(Windowsアプリケーションの動作環境の提供)

一言で言うと:利用者独自のソフトウェアが動作する実行環境の提供
SaaSは、サービスの提供者が指定したサービスしか提供を受けることが出来ませんが、PaaSは、利用者が独自のソフトウェアを動作するための環境の提供を受けることが出来、自由なアプリケーションを利用することが可能なサービスです。

IaaS

読み方:イアース、または、アイアス
Infrastructiure as a Service

代表的なサービス

  • Amazone EC2(ネットワークインフラやOSを含めた環境の提供)

一言で言うと:OSやハードウェア・ネットワーク環境なども含めた環境の提供
PaaSでは、アプリケーションの実行環境が指定されたもののみでしたが、IaaSでは、アプリケーションの実行環境の基礎となるOSやハードウェア、接続環境(ネットワーク)等を含めて全てをフルカスタマイズできるような形態です。

まとめ

自由度は、SaaS > PaaS > IaaSの順番に上がっていきますが、その分、自分で準備をする必要が出てきます。すぐに利用できる度合いは、逆にIaaS > PaaS > SaaSの順番に手軽になっていきます。

まだ境目が曖昧な所がありますが、これらの言葉が出てきたときは、是非参考にしてください。