はじめに

プロフィールにも書いているのですが、私は主にTwitterやRSS Readerを使い情報を収集しています。

情報収集時のメイン機種はPCやMacで、iPhoneは画面の小ささからどうしても外出時にサブ的に利用する程度でした。

機能的にiPhoneとさほど変わらないiPadはですが、画面が大きいために、情報収集においてはiPhoneよりも使いやすく、十分メイン使用が可能です。

ここでは、私のiPadを利用した情報収集法について紹介します。

私の情報収集法

その1

最近の情報収集先は主にTwitterです。iPadは当初、使い勝手の良いTwitterクライアントがなかったのですが、ここにきて、iPhoneでも使っていたTwitBird Proが一歩、抜きん出た感があります。

iPadのTwitBird Proは、横向きでの利用がベストです。

縦向きでも使えるのですが、その場合、タイムラインが表示されるだけで、その他の情報にアクセスするには一度画面を戻らなければなりません。しかし、横向きで使用する場合は、左側に常にmention、ダイレクトメッセージ、リスト、登録済みの検索キーワードを表示させることができます。画面が広いのでとても見やすいです。

フォロワーが増えてくると、なかなかタイムラインが追えなくなってくるので、つぶやきを見逃したくない相手はリストに登録しておくと、見逃さずにすみます。
 
また、仕事上、どうしてもウォッチしたいキーワードなども事前に登録しておけば、タッチするだけで検索結果を表示してくれます。

残念ながら、現時点では他のツールとの連携機能が乏しいので、Twitterで収集した情報を、EvernoteやPosterousなどに送る際は専用のメールアドレスに送るようにしています。

その2

次に、RSSリーダーです。いろいろアプリは試したのですが、どれも決め手にかけます。そのため、アプリは使っていません。

現時点では、GoogleReaderにWebからアクセスするのがもっとも使い勝手がよいと思います。そのため、Safariでアクセスした後、そのままホームにアイコンを登録し、すぐに起動できるようにしています。

PCやMacを利用する際もそうなのですが、GoogleReaderで見つけた情報をTwitterでつぶやいたり、EvernoteやInstapaper、Posterousに送って蓄積するため、それぞれのツールに渡す必要があります。すべてに対応するアプリを今のところ見つけることができなかったというのもあるのですが、オリジナルのWebサイトであれば、SendTo機能で多くの外部サービスとの連携が可能です。

iPhoneではGoogleReaderのWebサイトを直接使う気にはなれませんが、iPadは画面が大きいため、遥かに使い勝手がよいですね。

おわりに

iPhoneは多くのアプリが魅力的でした。iPadにもそれは受け継がれ、よいアプリも出てきつつありますが、まだiPadならではの情報収集ツールが少ない印象があります。

今回、GoogleReaderサイトを紹介したようにiPadからの利用であれば、画面が大きいため、下手なアプリを使うよりも使い勝手がよい場合があります。

いずれ、よいアプリが出てくるとは思いますが、Webサイトを直接利用する方法も考慮するとよいと思います。