はじめに

いまや、ビデオカメラも一家に1台が当たり前のようになっています。しかし、撮影することに満足していませんか?撮ったはいいものの、見ていないなんてことはありませんか?

せっかく撮ったのですから、ぜひ見ましょう。iPadならいつでも、どこでも見ることができますよ。

ここではビデオをiPadに最適な形式に変換する方法を紹介します。
HandBrakeのインストール方法、iTunesによるビデオの転送方法は別途お調べ下さい。

用意するもの

  • 撮影したビデオ(今回はDVDに焼いたもの)
  • MacもしくはPC(今回はMac)
  • HandBrake
事前にインストールをしてください。インストール方法は別途お調べ下さい。
  • iPad
  • USBケーブル

やり方

STEP1

撮影したビデオのDVDをMacにセットします。

STEP2

HandBrakeを起動します。

STEP3

起動直後、ソースを選択する画面が表示されますので、DVDドライブ、DVD_TSフォルダと選択し、【Open】ボタンをクリックします。

STEP4

DVDがスキャンされ、DVD内のトラックを見つけてくれます。このトラック単位で、動画ファイルに変換することになります。ここでは、トラック1を選択します。

STEP5

変換後のファイルを格納する場所を選択し、ファイル名をつけます。

STEP6

右上にある【TogglePresets】ボタンをクリックするとPreset一覧が表示されます。その中から、Appleの下にあるUniversalを選択します。

STEP7

Presetを選択したことで、iPadに最適な値がセットされます。【Start】ボタンをクリックして変換を開始します。そのまま、しばらく待つと変換が完了します。時間がかかるので、何かほかのことでもしておきましょう。

STEP8

変換が完了するとメッセージが表示されます。「Put down thar Cocktail」なんて、ちょっとおしゃれなメッセージです。【OK】ボタンを押して完了です。

STEP9

残りのトラックについても、STEP5〜8の手順で変換をしましょう。

おわりに

後は、通常通り、iTunesを利用してiPadと同期することでビデオを転送できます。
下記は、昨年、石垣島に行った時のビデオをiPadで見ているところです。

私はほぼすべてのビデオを変換して常時iPadに入れており、ちょっとした空き時間に家族で見るようにしています。子どもたちは、自分が生まれた時のビデオを何回も何回も繰り返し見ています。
親にとっても幸せな瞬間です。

せっかく撮ったビデオです。多少手間はかかりますが、iPadで見てみませんか?