はじめに

iPadにはマップという標準アプリがあります。GoogleマップのiPad版です。このマップで近所のさまざまなものを探せます。

ポイント

マップを起動すると、GPSもしくはWiFiのアクセスポイントから、現在地近辺の地図が表示されます。右上に「検索または住所」入力エリアがあるので、ここから下記のようなキーワードを入力します。

キーワードその1 病院

【検索】ボタンをタッチすると、該当箇所に空からピンが降ってきて、現在地近辺の病院をプロットしてくれます。

本当は、このギミックをお見せしたいのですが、そうもいかないので、お持ちの方はぜひご確認を。下のスクリーンショットの、赤いピンすべてが病院です。

なお、「歯医者」のように病院種別を指定することもできます。

キーワードその2 コンビニ

各種コンビニの場所にピンがドロップされます。

個別のコンビニチェーンを調べたければ、「ファミリーマート」のように、その名称を入れて検索します。

キーワード その3 喫茶店

各種喫茶店の場所にピンがドロップされます。

個別のチェーン店を調べたければ、「タリーズ」のように、その名称を入れて検索します。

キーワード その4 トイレ

多機能トイレの場所にピンがドロップされます。小さな子どもと散歩している時などは助かります。

おわりに

他にも、ガソリンスタンド、本、家電、車等さまざまなキーワードが使えます。名称そのものを知らなくても探せるのでうろ覚えのお店でも見つけることができますよ。

この方法は、GoogleマップやiPhoneでも可能ですが、iPadならカバンからさっと取り出して、大画面で地図を見ることができます。ぜひ、お試しを。