はじめに

スマートフォンを空にかざすと、その方角にある星や星座が表示されるAndroid用アプリ「Google Sky Map」(無料)で、過去や未来の夜空を見る方法をご説明します。

アプリは「Google Sky Map - Google Play」からダウンロードできます。

以下の画面キャプチャは au iida A01 によるものです。

詳しいやり方

STEP1 メニューボタンを押しタイムトラベルをタップ

アプリを起動し、端末のメニューボタンをタップします。

画面下の方に表示される「タイムトラベル」をタップします。

STEP2 タイムトラベルをする日時を設定

画面上のアイコンをタップして移動する日時を設定します。

  • 人気の日付

あらかじめアプリに人気の日付が設定されていて、項目をタップするとその時に移動できます。

  • 日付の変更

ドラッグして日付を変更して移動することができます。

  • 時刻の変更

ドラッグして時刻を変更して移動することができます。

このレシピでは、「人気の日付」から次の満月の項目を選択します。

STEP3 画面上の方にある三角のアイコンをタップ

指定した日時の夜空を表示することができます。

画面上の方に「タイムトラベル停止中」と表示されている項目の左にある三角のアイコンをタップします。

一番左側が巻き戻し、真ん中が停止、一番右側が早送りで、タップするごとに1秒→1分→10分・・・と時間が早まります。

STEP4 時間の移り変わりと共に夜空を表示

プラネタリウムのように画面上が動き、指定した日時の夜空にどんな星座や天体が見えるのかを確認することができます。

アプリは「Google Sky Map - Google Play」からダウンロードできます。