はじめに

アウトドアファン向けの道具リストを作れるソーシャルサイト dyog で、実際に自分のアウトドア道具を投稿する方法をご紹介します。

dyog 道具リストを作ろう! アウトドアファンのパッキング共有サイト

すてきな道具リスト

たとえばdyogでは、自分のお気に入りの道具を紹介するこんなすてきなリストを作って、自分のチェックリストとして活用したり、他の人に紹介したりすることができます。

雲の平わくわくセット by @hogepuge
Duo Kayak Camping at Motosu by @kasai_f_4
やっぱり緑が好き。 by @sanpo2
バックカントリー(厳冬) by @k1seri
山菜・キノコ 日帰り by @kage_low_

dyogではだれでも参加して自分のリストを作ることができます。

STEP1 dyogにアクセスしてサインインします

Twitterのアカウントを取得

dyogにサインインするには、 Twitter のアカウントが必要になります。まだアカウントを持っていない人は、Twitterであらかじめ取得をしてください。

Twitterにアクセス

サインイン

dyogのトップページから、サインインのボタンをクリックします。

Twitterの認証画面に移動します

自分のユーザIDとパスワードを入力します。

これだけで完了です。すぐに自動的にdyogのユーザ画面に移動します。

STEP2 道具を登録しよう

ユーザ画面が表示されたら自分の道具を登録できます。

道具の名前を入力

アイテムの投稿フォームに道具の名前を入力していきます。道具名の書き方は自由です。ためしに自分の持ち物をいくつか登録してみましょう。

たとえば、「バックパック」と入力してみましょう。

自分のギアスタックに「バックパック」が追加されます。

このように道具をかんたんに投稿できるので、自分の持ち物をどんどん登録していくことができます。

STEP3 画像をアップロードする

アイコンをクリック

道具のアイコンをクリックすると、自分の選んだ画像をアップロードすることができます。

画像をアップロードしたら、アイコン画像が置き換わっています。

道具の名前だけでなく、画像があるとすごくわかりやすくなりますね。

STEP4 コメントを記入する

アイテムの編集

アイテムの右に出てくる「編集」ボタンをクリックします。

編集フォームにコメントを記入して「更新」ボタンを押すと投稿できます。

同じように道具名も変更することができます。

STEP5 ブランドやカテゴリ、重さなどの追加情報を登録する

投稿オプション

新しく道具を投稿するときは「オプション」を選択できます。

オプションは、カテゴリ、ブランド、重さを入力できます。

もっとかんたんな書き方

以下のような書き方で、一行で投稿することも可能です。

dyogでは、たくさんのアウトドア道具を持っている人でもかんたんに入力してもらうため、なるべく少ない労力で投稿できる書き方を導入しています。
上の画像のように、名前の先頭に[]でカテゴリ名を、末尾に()で重さを追記できます。
名前に一般的なアウトドアのブランド名が入っているものは自動的に判別します。

アイテムの編集

すでに投稿した道具の情報も同じような書き方で編集できます。

STEP5 他の人の道具をコピーする

dyogにすでに投稿されている道具を見つけたら、自分のスタックにコピーすることもできます。

アイテムを探す

トップページから人気のアイテムのなかの、例えば「テント・シェルター」をクリックします。

ランキングをたどっていくと他のユーザが持っているいろいろな道具を探すことができます。

コピーする

自分の持っている道具をみつけたら、「持っている」をクリックします。

自分のユーザ画面にもどると、同じアイテムがコピーされています。

dyogにはすでに多くのユーザが投稿した道具情報が蓄積されています。どんどんコピーして自分のリストを楽に作っちゃいましょう

その他の探し方

人気ランキング以外にも、キーワード検索で道具を探したり、ブランドから探すことができます。いろいろ試してみてください。

おわりに

いかがでしたか? dyogではこのように、自分のアウトドア道具をかんたんに登録していくことができます。

そのあとは自分のこだわりのリストを作って共有したり、自分と似ているユーザからおすすめのアイテムを探したり、アウトドア道具をつながりとしていろんな楽しみかたができるソーシャルサイトです。

dyog 道具リストを作ろう! アウトドアファンのパッキング共有サイト