はじめに

マクドナルドや、東京大阪間を走るN700系の新幹線の車内では、BBモバイルポイントというソフトバンクグループが提供する無線LAN接続を使うことが出来ます。

BBモバイルポイントは有料のサービスなので、通常は、対応プロバイダから、自宅のインターネットからあらかじめ申し込みをした上で使うようになっています。

でも、今インターネットにつなぎたいのに、家に帰ってからじゃ意味がないですよね。BBモバイルポイントのアクセスポイントが見えている時に、その時その場で使えるように契約する方法をまとめました。

ポイント

「iPhoneあるけどこれじゃダメなの?」

iPhoneやiPadを持っていると、特に申し込みをしなくても、BBモバイルポイントでインターネットに接続することが出来ます(設定方法は、My Softbankに記載されています)。

けれども、このアカウントはiPhone/iPad専用なので、このアカウントでノートパソコンをBBモバイルポイントに接続することは出来ません。

このレシピでは、ノートパソコンでBBモバイルポイントをつかえるように、その場で契約する方法を説明しています。

ファミリーマートで1dayパスポートを購入

近所にファミリーマートがあれば、「Famiポート」で「プリペイドID」というのを購入できます。トップメニューから「プリペイド→BBMobilePoint」を選んでください。購入するとレジで接続方法を書いた通知票がもらえます。

ワイヤレスゲート、またはWi2 300の契約をする

WIRELESSGATE(ワイヤレスゲート)、またはWi2(ワイツー)300という無線LAN接続サービスに申し込むと、BBモバイルポイントのアクセスポイントからインターネット接続が出来るようになります。

Wi2 300はBBモバイルポイントとlivedoorWirelessに加えて、自社の独自アクセスポイントを持っていて、高速バスのバス停などでも使うことが出来ます。

その代わり、新幹線のBBモバイルポイントを使うためには、別途「BBモバイルポイント3時間ID」を購入する必要があります。

ワイヤレスゲートは、バス停などのアクセスポイントはありませんが、新幹線のBBモバイルポイントもそのまま使うことが出来ます。

1:お試し接続を使って契約

携帯電話から、t@bbmp.jp に空メールを送信すると、10分間のお試しIDが送られてきます。

http://www.bbmp.jp

このIDで接続して、有効時間の間に、ワイヤレスゲート、またはWi2 300の契約を行います。

10分しかないので、あわてずに、でもすみやかに。お試し接続は一ヶ月に一回しか使えないので、失敗した時は携帯電話で契約しましょう。

2:携帯電話で契約する

ワイヤレスゲートは、携帯電話用サイトが用意されています。クレジットカードの他、ドコモの携帯電話料金と合算して支払ったり、モバイルSuicaやモバイルEdyで支払うことも可能です。

http://www.wi-gate.net/UPMenu.html

Wi2 300には携帯電話用サイトがないですが、PCブラウザで申し込めるそうです。申し込みにはクレジットカードが必要です。

おまけ

ワイヤレスゲートはヨドバシカメラ、Wi2 300はビックカメラとソフマップと提携しているので、それぞれの店舗で配布しているパンフレットや、WEBサイトを経由して申し込むと割安な料金で利用することが出来ます。

あらかじめ申し込む時や、インターネット接続が可能な状態で申し込むのであれば、こちらがお得です。