はじめに

iOS5の目玉機能の一つである「リマインダー」は、しなければならないこと(TODOといったりします)を管理するためのシンプルなアプリです。

シンプルとはいえ、強力な機能がついており、他のTODO管理アプリに匹敵する出来になっています。

そのリマインダーの使い方を紹介します。

使い方

STEP1

リマインダーアプリを開きます。

STEP2

何も書いていないところをタップします。

すると文字入力ができるようになります。

STEP3

しなければいけないこと(TODO)を入力します。

STEP4

入力したものはリストに追加されます。

そのリストを押せば、詳細を決定することができます。

詳細の決定

日時の設定

たとえば、通知をする時間を決めることができます。

この日の何時くらいにお知らせをして欲しい・・・というのを設定することができます。

場所の設定

場所を設定することもできます。「場所」をオンにすればOKです。

この場所についたときや、この場所から離れる時、という風に、GPSを使ってタスクを通知することができます。

たとえば「オフィスについたら、この書類を渡す」みたいな感じのことが設定できるわけです。

便利ですね!