はじめに

鉛筆で描いたイラストを、Photoshopを使って、油性マーカーで塗ったような落書きっぽいイラストに仕上げる方法をご紹介します!

用意するもの

  • 鉛筆(シャーペン)で描いたイラスト
  • Photoshop(バージョンはいくつでもOK!)

STEP1

まず、イラストを描きます。鉛筆でもシャーペンでも油性ペンでも水性ペンでもクレヨンでもなんでもいいです!

筆跡のわかりやすい、癖のある線が描けるものがおすすめ。

STEP2

イラストをスキャンします。

スキャナーによって設定はまちまちだとは思いますが、なるべく白地がくっきりと白く、鉛筆部分がしっかりと黒くスキャンできる「モノクロ書類」などの設定にします。

STEP3

イラストをスキャンすると、スキャナーにもよりますが、線がギザギザになってしまうことがあります。

こういう場合は、次のように「フィルター」から「ぼかし(ガウス)」の効果をかけます。

次のようなウィンドウが開くので、0.6ぐらいを設定します。

数値は様子を見ながら調整してください

すると線のギザギザが緩和されて、ちょっとボケるため、より鉛筆で描いたっぽい感じにすることができます。

ギザギザを調整し終わったのがこちら。ちょっとギザギザがマシになってます。

色をつける前のイラストの準備はこれでOK!

STEP4

ここから色を塗っていきます。

まず、いま使っている白地にイラストが描いてあるレイヤーを、「通常」から「乗算」に変更します。

STEP5

次に、「乗算にした白地にイラストが描いてあるレイヤー」の下に、新しく、「色塗り用のレイヤー」を作成します。

STEP6

新しく作った「色塗り用のレイヤー」で色塗りをしていきます。

色を塗るブラシはなんでもよいですが、初期設定から入っている「水彩丸筆」というブラシを使うと、重ね塗りの感じが表現できるので、コピックマーカーなどの油性ペンで塗った感を出すことができます。

「水彩丸筆」はバージョン7から確認済

「乗算にした白地にイラストが描いてあるレイヤー」の表示をオフにしたときの、「色塗り用のレイヤー」はこんな感じ。

STEP7

色塗りが終わったら、レイヤーウィンドウで、「乗算にした白地にイラストが描いてあるレイヤー」と「色塗り用のレイヤー」を統合してできあがり!

おわりに

実際の手描きイラストは一度色を塗ってしまうと二度とやり直しが効かないので失敗は許されません。でもPhotoshopを使って描くこのやり方なら、気の済むまでやり直すことができます。

そして、わりと簡単にそれっぽいものが仕上がるので、おすすめです!

Photo by 著者