はじめに

初心者の方でも簡単にできる、photoshopでの画像加工の方法をご紹介します!今回は"モノクロ写真編"です。

カラーで撮ったデジタル写真も、photoshopを使えばボタンひとつで味のある白黒写真になります。いくつか方法があるので、どうぞお試しください。

今回は簡単な3つの方法をご紹介します。

その1 色調補正で彩度を変える

1.photoshopを開く

2.ファイル>開く で、編集したい画像を開く

今回はあじさいの花の画像を用意しました。

3.イメージ>色調補正>色相•彩度 を選択

4.表示された「彩度」のスライダを一番左まで動かす

5.「OK」を選択して完了

「彩度」とは、色味の度合いのこと。スライダを一番左まで動かし、写真の色味を取り除いてしまう作業です。

その2 グレースケールを使う

行程1と2は「その1」に同じ

3.イメージ>モード>グレースケール を選択

4.「破棄」を選択して完了

「グレースケール」に変更するということは、コンピューター上での色の表現を明暗のみにしてしまうことです。なので、「グレースケール」で写真をモノクロにした後は、上から色をのせたりカラーで描き加えたりすることはできないので要注意です。

その3 白黒を使う

行程1と2は「その1」に同じ

3.イメージ>色調補正>白黒 を選択

4.このような状態になります

この表示画面で「レッド系」「イエロー系」などのスライダを左右に動かして微調整をすることができます。

例えば「レッド系」のスライダを動かし右側の数値を大きくすると、元写真の中の赤系統の色はモノクロ表示で明るくなり、逆に値を小さくすると暗くなります。

ちなみに、上方の「プリセット」でモノクロの度合い(全体的に柔らかい、黒の方が主張が強いなど)を変更できるので色々試してみてください。

【プリセット一覧↓】

5.「OK」を選択して完了

「白黒」はCS3以降のバージョンにのみある機能です

おわりに

以上の3つの方法が、簡単なモノクロ写真の作り方になります!

どれもボタンをちょちょっと押すだけの作業なので、30秒もかからずにできてしまいます。是非お試しください。