はじめに

iPhoneは他の携帯と同様に写真を撮ることができますが、なんといってもその場で手軽に加工できてしまうことが一般的な携帯と大きく違う機能と言ってもいいのではないでしょうか。

実は上の写真もiPhone 3GSで撮影した後に1分だけ加工した画像です!

今回は手軽なのに仕上がりが素晴らしい3つの写真加工アプリをご紹介します。

写真加工系アプリはアプリ内で写真を撮影できる機能を搭載していることが多いですが、撮影時はiPhone標準のカメラアプリで撮影しましょう。そうすることによって、複数のアプリでオリジナルファイルから編集することができます。

TiltShift Generator

TiltShift Generatorはミニチュア風写真に加工する為のアプリですが、実は一眼レフ風+αに加工することもできてしまいます。

最近流行っているミニチュア風写真というのはピントを合わせた対象物以外を一気にぼかすことで、接写したように見える加工を施した写真のことです。

しかし一眼レフも一般的な携帯カメラと違い、ピントの差を利用して撮影することが多いので、このアプリを応用して加工してみましょう。

BLURでは二本の指でピンチ・ドラッグ・回転の操作をすることで、ピントの範囲や位置・向きを設定できます。

SATURATIONで色の濃さを強くして、よりアーティスティックな雰囲気を出すこともできます。

VIGNETTINGでは写真の周囲を暗くしてトイカメラ風の仕上がりにできます。

Before

After

Swanko Lab

Swanko Labは写真全体にフィルターをかけて色合いを変えることでモノクロやレトロ風などに加工できるアプリです。

ただこのアプリに関してはできあがった写真はもとより、加工の過程そのものを楽しめると言えるでしょう!

  • 以下はiPhoneアプリレビューサイトとして有名なAppBankさんの撮影したビデオです。

Before

After

TouchRetouch

TouchRetouchはなんと、写真に写っていたものを自然に消し去ってしまうアプリです!

対象物を指でなぞったり囲ったりすることで、その周りの規則性を判断して切り貼りして自然に消し去ってくれます。

拡大してしまうと流石に粗が多少わかってしまうので、小さめのサイズで利用することをオススメします。

Before

After

おわりに

上記の三つのアプリはどれも簡単に使用できますので、ぜひダウンロードしてみてください。

iPhoneでは写真を加工することでこんなにも様々な効果を演出できますので、
ブログやTwitterで撮った写真を見せるのも楽しくなるでしょう。

常に加工後のイメージも意識して撮影してみることで、何気ない写真でも素晴らしい仕上がりにできるようになります。