はじめに

GoogleChromeには便利な拡張機能がたくさんあります。しかし、たくさんありすぎてどれを使えば良いのかわからない、探そうにも探しづらい、など面倒くさいと感じる人もいるでしょう。

このライフレシピでは、「これは文句のつけようがなく便利だ!」という拡張機能を3つ紹介します。

TwitterやるならChrowetyで!

GoogleChrome拡張機能 Chrowety

シンプルかつ美しい見た目のTwitterクライアント。動作が軽い上、なかなか多機能なのでChromeでネットサーフィンしながら使うにはベストです。

最低限の使い方を説明します。

ツイートする

What's Up?と表示されているところをクリックすると、このような投稿画面が出てきます。

文字数カウントつきで、文章を書くのを中断して他の作業をしても、再度What's Up?をクリックするとキチンと前の内容が保存されています。投稿するか、Cancelをクリックすれば内容はクリアされます。

緑下線部のボタンをクリックすると、ハートマークやニコニコマークなどの記号も挿入できます。

リプライは、各ツイートの下底にカーソルを合わせてクリックすることでできます。

見ているページをシェアするのも簡単にできます。方法は2つ。

青下線部の地球のようなボタンでは、見ているページのURLを短縮URLにして投稿エリアに挿入します。

紫下線部の【Share This Page】のボタンでは、見ているページのURLを短縮URLにしたものと、そのページのタイトルを投稿エリアに挿入します。

【Share This Page】のほうでは、投稿エリアに文章が入っていた場合、上書きされて消えてしまうので注意が必要です。

短縮URLは初期設定ではgoo.glを使います。(設定ページで変更できます。)

Chrowetyの設定ページを開くには、右上にある黄色の円で囲まれた部分の、歯車のようなボタンをクリックします。

左隣にある長方形のボタンでは、独立したウィンドウとしてChrowetyを分離させることができます。

アイコンをクリックでプロフィールを見る

タイムライン上のユーザーアイコンをクリックすると、そのユーザーのプロフィールを見ることができます。アイコン上でもう一度クリックすれば、アイコン画像を拡大して見ることができます。

設定画面でカスタマイズ

歯車ボタンを押したらでてくる設定ページです。

Main,Interface,Alerts,Otherの4つの項目があります。

【Main】タイムラインの更新間隔や、利用する短縮URLサービス(8つのサービスから選べます)、リンクをバックグラウンドで開くか、位置情報を付与するか、を設定できます。

【Interface】言語、Chrowetyのサイズ(200pxから450pxまで50px刻みで選べます)、タイムラインに流れてくるツイートにユーザーネームを表示するか、フォントサイズ、テキストに影をつけるか、Chrowety自体のアイコンデザイン、を設定できます。

【Alerts】アラートに関する設定ができます。

【Other】APIの使用状況などが見られます。

Chrowetyには翻訳機能やYouTube動画の再生など、まだまだ便利な使い方や機能があります。

詳しくはGoogleChrome拡張機能 Chrowetyで。

翻訳・辞書はBubble Translateで!

GoogleChrome拡張機能 Bubble Translate

いちいちページ移動をしなくてもポップアップで翻訳してくれる拡張機能です。翻訳・辞書引きにはGoogle翻訳を使用しているようです。

ショートカットを設定すれば、Ctrlキー+ドラッグで翻訳できます。このお手軽さが魅力の拡張機能です。

使い方

(1) まず、アイコンをクリックして【English】になっているドロップダウンを【Japanese】にします。

(2) 翻訳したい文章や単語をドラッグして反転させます。

(3) アイコンをクリックして、【Translate text】をクリックすれば、ポップアップで訳がでてきます。

ショートカットを使えばさらに素早く翻訳できます。

設定画面でカスタマイズ

アイコンをクリックして出てくる歯車のマークをクリックすると設定画面に飛べます。

ここでは翻訳する言語や、ショートカットの設定、ポップアップの背景色やフォントカラー、透過度などを設定できます。

スクリーンショットはAwesome Screenshotで!

GoogleChrome拡張機能 Awesome Screenshot

手軽にスクリーンショットが撮れて、その場で画像編集までできる拡張機能です。インストールすると、カメラのレンズのようなアイコンが出ます。クリックすると、スクリーンショットが撮れます。

画面に表示されている領域だけを撮るのか、ページ全体を撮るのか選択できます。

撮った後は編集画面に移ります。

切り取り、四角形を描く、楕円を描く、矢印を描く、直線を描く、自由線を描く、ぼかし処理をする、テキストを挿入する、フォントカラーを変更する、ひとつ前の状態に戻す(やり直し)といった操作ができます。

撮った画像は右クリックから保存してください。アップロードすることもできます。

おわりに

以上3つの拡張機能を紹介しました。どれもインストールして損はない完成度の高い拡張機能です。

これらを駆使してこれまで以上にGoogleChromeを便利にしましょう!