<前の記事へ

''このストーリーで学ぶこと
・友達申請の受け方
・「友達」になると、どうなるの?「ニューズフィード」とは
・「いいね!」の方法

まずは、つながろう

やっとこさログインできたFacebookの画面を眺める。

左側には「ニュースフィード」「メッセージ」「イベント」……謎の単語が大量に並んでいる。「何なの、これ……」。訳が分からない。見なかったことにしたい。そのページをブックマークした後で、ブラウザをそっと閉じる。

と、隣の席から翔太先輩がPCをのぞきこんできた。「登録できた?」「できたと思うんですけど、よく分からなくて……」「お、マジか!登録したメールアドレス教えてよ。友達申請送るから」

数分後。ブックマークからFacebookにふたたびアクセスすると、「友達リクエストを承認」と書かれたメニューが現れた。「承認」「保留」とあるので、「承認」ボタンを押してみる。

「よし、これで俺たち、つながったぞ!」。隣で翔太先輩が大げさな声を出す。でも、何も変化していないように見える私のFacebook。つながったって何?どうなるの?困惑していると、翔太先輩が言った。「ニュースフィード、見てみ。面白いぜ」

友達申請とは
正式には「友達リクエスト」という機能です。Facebookは、友人や知り合い同士でつながり、お互いの近況を確認したり、コメントしたりできるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)です。友達同士でつながり、お互い近況をチェックするためには、「友達リクエスト」を送り、承認してもらう必要があります。
翔太が彩にメアドを聞いた理由
Facebookにはいろいろな友達検索機能があります。名前から検索することもできますが、「佐藤彩」といった同姓同名が多い名前は、名前検索だけだと大量にヒットし、どれが本人か判別するのが難しいです。メールアドレスなら確実に、本人のアカウントを探し出すことができます。

ニュースフィード……?

「ニュースフィード……?」

翔太先輩にそう言われ、Facebookの画面を見てみると、左側に「ニュースフィード」と書いてあった。クリックしてみる。

「え? ニューヨークで、入浴……?」

そこには、翔太先輩のつぶやきのようなものが並んでいた。「ニューヨークで入浴」「アサリがあっさりなくなった・・・」「アイスでも食う?あーいいっすねー」……くだらないダジャレの数々。翔太先輩が自信満々に「面白いぜ!」って言っていたのは、このダジャレのことなんだろうか。「くっ……」。失笑してしまう。

「な、面白いだろ?『いいね!』してくれよな」。ささやくように、翔太先輩が言う。

「いいね、ですか?」。言われてみると、翔太先輩のつぶやきの下に、「いいね!」と書かれている。クリックしてみると、「あなたが「いいね!」と言っています。」という文字が浮かび上がった。「ありがと!」。翔太先輩がウィンクする。

ふと画面の右を見ると、「知り合いかも?」という欄に、いくつかの名前が並んでいた。同僚の絵里子や渉の名前がある。「友達になる」をクリックし、友達申請をしてみた。

すぐに、美咲と絵里子が友達申請を承認したという通知が来た。ニュースフィードには、翔太先輩のくだらないダジャレに加え、美咲や絵里子の書き込みや、写真が並ぶ。美咲には子供がいるようで、かわいい赤ちゃんの写真がたくさん並んだ。思わず「いいね!」する。

Facebook、最初の楽しみ方
Facebookの基本は「ニュースフィード」です。友達になった相手の書き込みは、「ニュースフィード」に表示されます。まずは友達を増やし、ニュースフィードを眺めたり、「いいね!」やコメントをすることから始めましょう。
友達の探し方
友達は、「知り合いかも?」の欄で候補が出るほか、左メニューの「友達を検索」「つながりを検索」からも探せます。メールアドレスや出身地、出身校などから、友達を探してみましょう。Facebookで友達をさがす方法

>次の記事へ