はじめに

前回の「プライバシーを守ろう!Facebook護身術(2):基本データを確認、編集しよう」では、見られては困る基本データの編集法を確認しました。

今回は、見られたくない写真の公開設定をする方法について説明します。

この機能を使えば、友達には公開したいけど、会社の人には見られたくない!といった問題が解決します。

写真の公開設定法

STEP1:「Facebook」にログインし、左上の「ユーザー名」をクリック

まずは「Facebook」にログインし、左上の「ユーザー名」をクリックします。

右上の「ユーザー名」でも大丈夫です。

STEP2:「写真」をクリック

プロフィールページの「写真」をクリックします。

STEP3:写真の表示

「あなたのアルバム」「あなたが写っている写真」が表示されました。

「あなたのアルバム」は、自分でアップロードした写真。「あなたが写っている写真」はあなたが他のユーザーによってタグ付けされた写真です。
タグ付けとは、投稿した内容を、別のユーザーのウォールにも共有できる機能です。

STEP4:「アルバム名」右側の「公開設定」ボタンをクリック

まずは、「あなたのアルバム」から設定していきます。「アルバム名」右側の「公開設定」ボタンをクリックします。

STEP5:公開範囲を選択

公開範囲を選択すれば、設定完了です。

「カスタム」を選択すると、「友達の友達」まで公開、「特定のユーザー」に非表示、など複雑な設定を指定することができます。

STEP6:設定を変更したい写真を選択

次は、「あなたの写っている写真」の設定をします。「あなたが写っている写真」では、各写真に対して公開設定を行います。設定変更したい写真を選択してください。

STEP7:「共有範囲」の確認

写真を選択すると右下に詳細情報が表示されます。まずは「共有範囲」を確認しましょう。

ポイントは、「プロフィールに掲載したくない写真があるか」もしくは、「見られたくない相手に公開されている写真がないか」です。

この画像の場合、「カスタム」となっているため、この写真をアップロードした人が設定した、特定の人のみが画像を見ることができます。

STEP8:「削除」をクリック

次に、プロフィールへの掲載設定を行います。見られたくない写真が、プロフィールに掲載されている場合は、「削除」をクリックします。

画像そのものが削除されるわけではなく、あくまでプロフィールに掲載されなくなるだけです。

「共有範囲」設定は、写真をアップロードした人のみが変更できるので、公開されたくない写真がある場合は、変更をお願いしましょう。

STEP9:設定完了

設定が完了しました。

プロフィールに掲載したい場合は、「自分のプロフィールに写真を追加」をクリックすると再度掲載されます。