はじめに

ape+cue形式またはFLAC+cue形式で保存されているCDイメージファイルを、トラック分割してMP3形式に変換してiTunesに登録する。これは結構大変な作業になります。

しかし、今回紹介するフリーツールXLDを使えば、音源ファイルの入ったフォルダを指定するだけで、上記の作業を全て全自動で行ってくれます。

XLDの使い方の設定について紹介します。

用意するもの

  • XLDをダウンロードしてインストールします。

(http://tmkk.hp.infoseek.co.jp/xld/)

  • 分割/変換したい元ファイルを任意のフォルダに置きます。

やり方

STEP1

XLDメニューから環境設定を開いて、次の項目を指定します。

・出力フォーマット(mp3など)
・出力先(フォルダ)
・「ディレクトリの構造を維持する」にチェック
・「探索するディレクトリの深さを「0」(無制限)に指定
・「埋め込みCueシートで自動的に分割」にチェック

最低限、これだけ指定しておけば大丈夫ですが、他に細かく指定したいときには、それぞれのタブで指定します。

STEP2

「ファイル」メニューから「開く」を選び、変換したいファイルのファイルの入っているフォルダを指定します。

STEP3

分割・変換処理が始まり、出力指定フォルダに変換後のファイルが出力されます。

おわりに

ape+cue形式またはFLAC+cue形式の分割変換だけではなく、すでに分割されているapeファイルまたはFLACファイルの変換も同様に処理できます。

非常に高機能で便利なツールです。ぜひお試しください。