はじめに

iPhone/iPod touchの説明書って直感的すぎて実際の使い方があんまり書いてなかったりしますね。今回は、基本の操作方法について解説します。

基本の操作方法

タップ

画面を触ることです。パソコンでのクリックに相当するような操作です。

二回連続でタップすることは「ダブルタップ」といいます。

スワイプ

画面を触ったまますすっと掃くようにすることです。パソコンでのドラッグに相当します。

フリック

タップと同時に素早くスワイプして離すことです。

ピンチイン

二本指でタップし、つまむようにすることです。

ピンチアウト

ピンチインの反対で、広げるようにします。

シェイク

本体を振ることです。

応用の操作方法

アイコンを移動する

ホーム画面(上の画像の画面)でアイコンを移動するためには、アイコンを長くタップします。すると、全てのアイコンが震え出し、アイコンの左上にx印が出ます。

アイコンを移動させるときは、この状態で移動させたいアイコンを少し長めにタップします。アイコンが少しだけ拡大され、移動できる状態になります。そのまま指を離さずにスワイプさせて移動することができます。

画面の端に持って行くと隣のページに移動することができます。iPhone4/iOS4ではアイコンをほかのアイコンに重ねることでフォルダを作成することができます。

アイコンを削除

アイコンを削除する(つまり、アプリを削除するということです)ときは、アイコンが震えた状態で、各アイコンの左上に表示されたx印をタップします。確認画面がでますので「削除」をタップすることで削除できます。

最初から搭載されているアプリは削除できません。

画面を拡大・縮小

インターネットを見ているときや、画像を見ている時、ピンチアウトすると画面を拡大することができます。逆に、ピンチインすることで画面を縮小することができます。

おわりに

iPhone/iPod touchには、直感的に操作する為の機能がたくさんついています。それらは二本指でタップしたり、三本指でタップしたりすることで動作したりします。

いろいろと試してみると便利な操作を発見できるかもしれませんよ!

(photo by:http://www.flickr.com/photos/jorgeq82/4732700819/)