はじめに

もはやスマートフォンの代名詞とも言える存在になったiPhone。スタイリッシュで、触っているだけで何だか楽しい気持ちになりますよね。

iPhoneは、App Storeで入手できるアプリケーションをインストールすることで、どんどん便利に快適にカスタマイズすることができます。今回は、iPhoneを使ってスケジュール管理を効率的に行う方法をご紹介します。

スケジュール管理アプリをインストールする

App Storeにはたくさんのスケジュール管理アプリが並んでいます。概ねどのアプリも以下の機能を備えています。

  • スケジュールの入力
  • 日/週/月表示の切替え
  • Google Calendarとの同期
  • 簡単なメモ書き
  • 見た目(デザイン)のカスタマイズ

どのアプリが良いかは好みもありますので一概には言えませんが、まずは無料版があるものや比較的安価なものを購入してみることをお勧めします。

以下は筆者が実際に利用したことのあるスケジュール管理アプリです。

TapCal

TapCalは、筆者の知る限り現在最も機能、デザイン、価格のバランスが取れたアプリです。特にデザインのカスタマイズに力を入れているので、見た目にこだわりたい人にオススメです。

そうでない方も、スケジュール管理アプリとしては安価ですし、操作が最も直感的なアプリなので、とりあえず試してみるのに適したアプリです。

2012年8月現在、600円で購入することができます。

さいすけ

さいすけは、様々なプラットフォームで展開しており、歴史の古いアプリです。古いだけあって、利用ユーザーも多いですし、機能も豊富です。ただ、動作が若干もっさりしています。

無料版がありますので、まずは無料版で試すのも良いでしょう。

2012年8月現在、850円で購入することができます。

i手帳

i手帳は、最も紙の手帳の雰囲気に近いアプリです。画像や音声ファイルの貼り付けなど、メモ書きの自由度は非常に高いです。操作には慣れが必要なので、最初はサポートページなどを確認しながら使うと良いでしょう。

こちらも無料版がありますので、購入前に試すことも可能です。

2012年8月現在、700円で購入することができます。

おわりに

iPhoneにスケジュール管理アプリを入れると、いつでもどこでもスケジュールの確認や登録ができるようになります。

今回ご紹介したアプリの他にもスケジュールアプリはたくさんあります。自分にあったアプリを選んで、快適なiPhoneライフをお過ごしください!