はじめに

iPhone/iPod touchのキーボードって、小さいぶんだけ機能が隠されてしまっているんです。本当はパソコンのキーボードのようにいろいろ使える機能があるんですよ。

今回は、筆者の都合により、iPod touchの画面で説明しますが、iPhoneでも設定上の操作に違いはありません。

Caps Lockとは

アルファベットの大文字を入力するときはShiftキーを押してからアルファベットを入力しますよね。しかし、一文字打ったら小文字に戻ってしまうので、大文字を連続で入力したいときは少々面倒です。

そんなときに、Shiftキーを押しっぱなしにする機能がCaps Lockです。

使うための設定

STEP1

iPhoneのキーボードでCaps Lockを使うために、まずCaps Lockを使うという設定をしましょう。

STEP2

設定画面を開き、「一般」を選択します。

STEP3

「キーボード」を選択します。

STEP4

キーボードの設定画面で「Caps Lockの使用」を「オン」に設定します。これで、Caps Lockが使えるようになりました。

実際の使い方

Caps Lockを使うように設定しても、実際にはキーボード見た目は変わりません。

文字入力画面でCaps Lockを有効にするためには、Shiftキーをダブルタップします。

そうすると、Shiftキーが青く光り、もう一度ShiftキーをタップするまでCaps Lockが有効な状態になります。

解除するときはもう一度Shiftキーをタップしてください。

おわりに

Caps Lockをうまく使うことで、余計な動作を減らし、楽してしまいましょう!