はじめに

「LinkedIn(リンクトイン)」でプライバシーコントロールの設定の方法を説明します。自分のアクティビティの公開範囲などを設定することができます。

やり方

STEP1:「設定」をクリックする

「LinkedIn」にログインし、右上にある自分の名前から、「設定」をクリックします。

STEP2:設定する

設定画面の下の方にある「プライバシーコントロール」の欄を編集していきます。
  • アクティビティ配信のオン/オフ切り替え

    自分のアクティビティを公開する場合は、チェックを入れます。公開したくない場合はチェックを外し、「変更の保存」をクリックします。
  • あなたのアクティビティを公開する人

    自分のアクティビティをどこの範囲まで公開するかを選択します。

「すべてのユーザー」、「あなたのネットワーク」、「あなたのコンタクト」、「公開しない」の中から選択し、「変更の保存」をクリックします。

  • あなたが閲覧した人に公開する自分の情報

    自分が閲覧したユーザーに対し、自分の情報をどこまで公開するかを設定します。

「あなたの名前とヘッドライン」、「匿名プロフィール情報(業種、役職など)」、「全て匿名で表示」から選択し、「変更の保存」をクリックします。

  • あなたのコンタクトを公開する人

    自分のコンタクトをどこまで公開するかを選択します。

「あなたのコンタクト」か「公開しない」から選択し、「変更の保存」をクリックします。

  • プロフィール写真&公開対象

    プロフィールの写真を公開する範囲を、「自分のコンタクト」、「自分のネットワーク」、「すべてのユーザー」の中から選択します。

選択したら「設定の保存」をクリックします。

参照:「LinkedIn」でプロフィールの写真を登録する方法
これだけ、クリックすると別のページに飛んでしまう仕様となっています。設定する場合は一番最後にすることをお勧めします。
  • 「関連閲覧プロフィール」ボックスの表示設定

プロフィールページに関連して閲覧されているプロフィールが表示されます。表示したかったらチェックを入れます。表示したくなかったら、チェックを外し、「変更の保存」をクリックします。

完了

設定が完了しました。