Twitterは、2006年7月にアメリカのオブビアウス(現Twitter)が開始したサービス。1投稿最大140文字で「いま何してる?」をテーマに、多数のユーザーと交流するソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)のことです。

投稿は「つぶやき」「ツイート」と呼ばれています。文字だけでなく、URLや画像、動画もセットで投稿可能なんです。

ここでは、Twitterをはじめるための基礎知識・登録方法・基本的な楽しみ方をご紹介します。

Twitterの基礎知識

140文字でやり取りする小さなブログ

ブログやウェブサイトと大きく異なる点は「ゆるい」雰囲気があること。たとえば、NHK広報局を見てみると、いわゆるNHKの雰囲気ではなく、フレンドリーなやり取りが多く見られます。

双方向のやり取りが基本で、半分くらい「個人」的な側面を見せるのがTwitterの面白いところでしょう。また逆に情報を淡々とリリースするアカウントもあり、ニュースをすばやく確認できるサービスとしての側面もあわせもっています。

複雑に見えますが、メールのやり取り感覚に近いので、まずは「いま何してる?」に答えるノリでTwitterをはじめてみましょう。

アカウントとは、そのユーザーのこと。リアルタイムで動向が追えるため、たとえ企業のアカウントであっても、個人の側面があることを意識しましょう。

Twitterの登録方法

Twitterに登録をはじめる

Twitterにアクセスして、まずはアカウントを新設します。必要なものはメールアドレス。画面にある「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力して「Twitterに登録する」を選ぶだけです。

登録はパソコンだけでなく、ケータイやスマホからもOK。

ユーザー名を設定

画面が切り替わったらユーザー名を入力。英数と「_」(アンダーバー)で決めます。すでに使われている場合は、使用できない旨が表示されます。ログインに使用するので、覚えやすいものにしましょう。

名前とユーザー名はあとからでも変更できます。本名でも、ハンドルネーム(ペンネーム)でもいいです。知人・友人・家族・会社の同僚などには知られたくない場合はハンドルネームを推奨します。

どこに行ったなどの日常のつぶやきの積み重ねで個人を特定することは簡単なので、発言時にある程度の配慮は必要になります。

STEP1:さあ、はじめよう

ユーザー名を登録すると次の画面が表示されます。「さあ、はじめよう」をクリックしてください。

STEP2:気になることをチェックしよう

気になるジャンルを選んでみてください。選んだジャンルにあったおすすめユーザーが表示されます。

STEP3:フォローをしよう

Twitterがオススメするユーザーをフォローします。フォローしたくないユーザーは、ユーザー名の横の「×」をクリックしてください。フォローしたいユーザーが決まったら、右上の「○人をフォローして続ける」をクリックします。

ここで表示されるユーザーは、Twitter社が認めた実在の人物や企業のアカウントなので、安心してフォローができます。

STEP4:プロフィールを設定する

「画像をアップロード」をクリックすると、パソコン上に入っている画像などをアイコンに設定することができます。設定したら右上の「続ける」をクリック。画像を設定しない場合はその下にある「今はこの手順をスキップする」をクリックしてください。

STEP5:知り合いを見つける

知り合いのアドレスを入力すれば、すでにTwitterを利用しているユーザーを見つけることができます。友達のツイートを探したい場合は、利用してみてください。

自分のタイムラインが表示されるので…

ひと通り手順を終えると、自分のタイムラインが表示されます。先ほどフォローしたユーザーの発言が並んでいるかを確認してみましょう。

STEP6:登録メールをチェックしたら準備OK

登録したメールアドレスに確認のメールが届いています。「確認する」をクリックしましょう。

これで、Twitterの登録が完了です!おつかれさまでした。

Twitterの基本的な使い方

ツイートしてみよう

画面の中央にある「いまどうしてる?」か、右上の「ツイート」アイコンをクリックすると、投稿ができます。文字だけでなく、画像やURLもセットで投稿可能。また残りの文字数も表示されるので、文字数オーバーしにくくくなっています。

発言は自分をフォローしている人だけでなく、ウェブ全体に公開されています。当然、電話番号やメールアドレスを記載すれば、悪用されるかもしれませんし、犯罪行為の認識なしに「こんなことした!」というツイートが通報対象になることもあるので注意が必要です。

誰かが見ている意識は常に持っておきましょう。

リツイートとは?

リツイートとは、誰かの発言をそのまま自分のタイムラインに表示すること。いいな、面白いなとおもった発言をリツイートするのが基本的な使い方です。

リツイート(RT)については『「RT」とは?RTの意味と使い方』を参考にしてください。

返信を送ってみましょう

特定のユーザー宛にツイートします。「@(ユーザー名)」で文章を始めるだけとカンタンですが、ウェブ全体に公開した状態で送信しているので、自身と送り先のユーザーをフォローしているユーザーからも、その内容はリアルタイムで確認できてしまいます。誰と誰がつながっているかわかるのがSNSの面白いところですが、投稿内容を選ぶ必要があります。

第三者に見られないダイレクトメッセージ

ダイレクトメッセージは、返信とは異なり、第三者に見られないメッセージを送信できます。使い方は様々ですが、公開するのは微妙だと思った内容はダイレクトメッセージで送るといいでしょう。

ユーザー間でダイレクトメッセージは「DM」「d」と省略されます。またDMをマメに確認しないユーザーも多いため、「DMしたよ」とリプライを送るユーザーが多い傾向です。
ダイレクトメッセージは、自身と送りたい相手がフォロー・フォロワーの関係でないと送信できません。

話題のツイートやユーザーを見つけるには?

画面上の「#見つける」からは、話題のツイートやユーザーを確認できます。新しくフォローしたい人やリアルタイムの流行をチェックしてみましょう。

外でもツイートしてみましょう

Twitterはケータイやスマホにも対応しています。IDとパスワードさえあれば、利用可能なので、アプリをインストールして試してみましょう。

とくにスマホは、Twitter用のアプリが豊富。リプライやダイレクトメッセージのリアルタイム通知機能もあるため、メール感覚に近くなります。iPhoneであればAppstore、AndroidならばPlayストアで「Twitter」と検索してみましょう。

ツイートをあまり人に見られたくない場合は?

初期設定ではウェブ全体、つまり世界に公開されている状態ですが、設定を変更することで、ツイートを非公開にできます。人に見られたくない人にオススメです。

STEP1:設定を選ぶ

まずは、右上の自分のアイコンをクリックして、「設定」を選んでください。

STEP2:ツイートの公開設定をカスタマイズ

画面左の「セキュリティーとプライバシー」の項目をクリックすると、ツイートの公開設定のできる画面が表示されます。プライバシーの項目に「ツイートを非公開にする」とあるので、チェックを入れて非公開にすることができます。

非公開の状態での注意点

「鍵」の状態になると、フォローされた場合、その許可を出す必要があります。その旨は登録したメールアドレスに届くので、どんなユーザーかを確認してから、許可を出しましょう。

また、互いに「鍵」をしている状態なら、やり取りは自身とそのユーザーをフォローするユーザー以外からは見えなくなります。自身が「鍵」で相手が公開状態の場合、相手からの返信は公開された状態にあるので、やり取りを推測されることもあり、完全に隠せるわけではありません。

Twitterを楽しもう!

Twitterはリアルタイムなやり取りが広い世代に受け、2011年3月の東北大震災時には連絡手段としても注目されました。以降は、個人ユーザーだけでなく、官公庁のアカウントも登場し始め、情報発信手段のひとつになっています。

使い方次第で色々な楽しみ方ができるTwitter。ぜひ、有効活用してみてくださいね。

(image by 筆者)