iPhoneとGoogleカレンダーを同期する方法

iPhone3GSに標準装備のカレンダーで予定を登録すると、WEB上のGoogleカレンダーにも予定が同期される大変便利な方法です。

iPhone3Gでも可能なレシピです。(コメント参照)

もちろん、WEB上のGoogleカレンダーで予定を登録すると、自動的にiphone3GSのカレンダーにも同期されます。

仕事やプライベートでiPhone3GSとGoogleカレンダーを使用している方には、大変便利な方法ですのでぜひお試しください。

特別なアプリをダウンロードする必要なく、無料で使うことが可能です。

設定方法

STEP1

iPhoneの「設定」メニューを選択

STEP2

「メール/連絡先/カレンダー」を選択

STEP3

「アカウント」の項目にある「アカウントを追加...」を選択

STEP4

「Microsoft Exchange」を選択し以下の作業を行ってください

  • メールは適当に入力
  • ドメインは入力なし
  • ユーザー名は同期したいGoogleカレンダーアドレス(@gmail.comも)
  • パスワードを入力して「次へ」
  • 新たに表示される「サーバ」という項目に「m.google.com」を入力して「次へ」
  • 「メール」を「オフ」、「連絡先」を「オフ」、「カレンダー」を「オン」にして完了です

STEP5

設定完了したか確認する。

「設定」 → 「メール/連絡先/カレンダー」の欄に今作成したアカウントが追加されていれば完了です。

数分たつとWEB上のGoogleカレンダー情報が同期されます。

iPhone3GSからカレンダーに予定を登録してもGoogleカレンダーへ反映されます

Googleカレンダーで複数のアカウントを管理している場合

Googleカレンダーで複数のアカウントを管理している人もいると思います。その場合は、次の設定をしてください。

STEP1

iPhone3GSのブラウザ「safari」を開きます

STEP2

http://m.google.com/sync/ へアクセス

STEP3

言語をEnglish(US)に変更

ページへアクセスすると「この端末ではご利用いただけません。」と表示されていますが、無視してページの下の方にあるリンクの「言語を変更」を選択してください。

言語一覧が表示されたら「English(US)」を選択しましょう。

STEP4

同期したいアカウントを選択して終了。

Googleカレンダーで管理しているアカウントが全て表示されますので、iPhone3GSと同期したいアカウントを全て選択し、画面下部の「save」を選択すると終了です

知人や他のアカウントと共有しているカレンダーも全てiPhone3GSで同期することができます
GoogleAppsのカレンダー情報も全て同期可能です

GoogleAppsを使って独自ドメインを使っている場合

上記のSTEP2だけ下記の方法へ変更してください。
- http://m.google.com/ へアクセス
- 使用しているドメインを入力。
- 画面上部の「sync」をクリック