はじめに

「Control+C」で「コピー」など、パソコンを使う際に非常に便利なショートカットキー。様々な組み合わせのショートカットキーは、Photoshopの作業でも絶大な威力を発揮します。

「クリックするか、キーを押すかの差でしょう?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、その時間短縮効果は想像以上です。

実はショートカットキーは細かい物を含めるとほとんど無限といわんばかりにたくさんあるのですが、今回は初心者の方にも有効な、今すぐにでも使えたい大事なショートカットキー21個を一覧にしてご紹介します。

今回はWindows用に記載しますが、MacでもCtrlをCommandに、altをoptionに変換していけばほとんど同様に使えます。(バージョンによって多少の誤差がある場合はご容赦ください)

一覧

全部をいっぺんに覚えるのは大変ですしウンザリしてしまうので、日頃「面倒だなぁ…」と思っている作業のキーからまずチェックし、順番ずつ慣れていくと良いと思います。

基本系

  • 「Ctrl+C」→コピー
  • 「Ctrl+X」→カット
  • 「Ctrl+V」→ペースト
  • 「Ctrl+S」→上書き保存
  • 「Ctrl+Shift+S」→別名で保存

呼び出し系

  • 「Z」→ズームツール呼び出し
  • 「G」→塗りつぶし/グラデーションツールを呼び出し
  • 「Ctrl+N」→新規ウィンドウを開く

ブラシ系

  • 「B」→ブラシツールを呼び出し
  • 「]」→ブラシサイズを段階的に拡大
  • 「[」→ブラシサイズを段階的に縮小

テキスト系

  • 「T」→テキストツールを呼び出し
  • 「Ctrl+Shift+. (ピリオド)」→(選択した)文字を段階的に拡大
  • 「Ctrl+Shift+,(コンマ)」→(選択した)文字を段階的に縮小

選択範囲系

  • 「Ctrl+D」→選択範囲を解除
  • 「Ctrl+Shift+I」→選択範囲を反転
  • 「Ctrl+T」→選択範囲を自由変形
  • 「Alt+選択したオブジェクトをドラッグ」→オブジェクトをコピー

よく使う系

  • 「Ctrl+Z」→1つ前の作業をやり直し
  • 「Ctrl+Alt+Z」→1段階戻る
  • 「Ctrl+0 (ゼロ)」→イメージを画面にフィット

覚えるコツ

その1:アルファベットで覚える

例えば「Ctrl+C」のCは「copy」のC、「Ctrl+T」のTは「text」のTといったように、記号には英語での意味がある物も多いです。その意味を考えて覚えていくと作業中に簡単に思い出すことができます。

  • その他:「Cntrl+S」→「save(保存)」、「Ctrl+D」→「deselect (選択解除)」、「Ctrl+Shift+I」→「inverse (反転)」など。

その2:Photoshop以外でも使う

これらのショートカットキーのほとんどは、Adobe Illustratorや InDesignなどのPhotoshop以外のソフトウェアでも使えます。また、基本的な物であればワードなんかでも使えますので、色んな場面で活用することをお勧めします。

おわりに

一気ににこれらの一覧を見てしまうと「覚える方が面倒じゃないか」と思うかもしれませんが、実際に使ってみると覚えることは難しくありません。1回1回ツールバーにポインタを持っていくことの方が面倒になります。

利き手にマウス(もしくはペンタブ)、反対の手をキーボードに添え、効率的で楽ちんなPhotoshopタイムをお送りください。