はじめに

パソコンのキーボードを見てみると、上の方に「F1」~「F12」と書かれたキーがあります。ノートパソコンのキーボードでは、下の方に「Fn」と書かれたキーがありますね。これらは「ファンクションキー」と呼ばれます。これって何に使うか知っていますか?

このキーを押すことによって、パソコンでの操作が格段に楽になります。是非使い方をおぼえてくださいね。

ノートパソコンなど、ファンクションキーが「Fn」キーの場合は、「Fn」キーと、数字キーを組み合わせて使ってください。また、使用中のソフトによっては違う機能が割り当てられていることがあります。

使い方

F1

ヘルプを表示するのに使われます。何もソフトを使っていない場合、Windowsのヘルプとサポートが開かれます。

F2

デスクトップでアイコンを選択したあとにこのキーを押すことで、名前を変更することができます。

このキーを使うことになれると、右クリックでメニューから選ぶよりかなり早い操作ができるようになるので、おすすめです。

F3

ファイルやフォルダの検索に使われます。

インターネットをしている時は、ページ内の検索ができます。

Shiftキーと組み合わせて使うことで逆順検索ができます。

F4

ウインドウのアドレスバーの一覧の表示や、ゲーム中の画面のサイズ変更などに使われます。

ソフトによって違う機能が割り当てられていることが比較的多いキーです。

F5

ウィンドウの表示の更新をすることができます。

F6

文字入力後エンターを押す前にファンクションキーを押すことで、入力した文字をひらがなに変換します。普段はあまり使うことのないキーです。

F7

文字入力後エンターを押す前にファンクションキーを押すことで、入力した文字を全角カタカナに変換します。

一般に、変換キーやスペースキーで変換するとカタカナは変換候補の最後の方なので、こちらの方が速く変換できます。

F8

文字入力後エンターを押す前にファンクションキーを押すことで、入力した文字を半角カタカナに変換します。

F7キーと同様に、変換を素早く行うことができます。

F9

文字入力後エンターを押す前にファンクションキーを押すことで、入力した文字を全角英数に変換します。

設定によっては通常の変換方法では全角英数は入力できなかったりするので、意外と重宝します。

F10

文字入力後エンターを押す前にファンクションキーを押すことで、入力した文字を半角英数に変換します。二回押すと大文字になります。

ローマ字入力と英数字入力を切り替える手間が省けます。

F11

全画面表示との切り替えに利用します。

一度押すと全画面表示になり、もう一度押すと元に戻ります。

F12

普段はあまり使われず、自分で設定するか、特定のソフトで動作が設定されている場合に使います。

おわりに

キーボードによってはF15キーまであったりしますが、一般に使われるのはこの12個のキーです。

是非活用してみてくださいね。

(Photo by 足成