就職活動、後輩がしんどそう。

昨年秋~今年の春にかけて、部活の後輩の就職活動の相談にのっていました。

部活のメンバーは皆仲が良く、後輩の面倒をよくみる雰囲気の部活だったので大学の4年生(5人)で協力して、3年生(15人)の就職活動の支援をしてました。

最初は部室で就活相談会のようなものを開いていましたが、みんなが集まれる時間をみつけるのは難しく、場所の問題もありました。

  • 部室がせまくて大変
  • 月1回の集まりなので、日程があわず参加できない人が多い
  • 終電など時間の都合で、時間内に全員の話が聞き終わらない
  • 4年生の数が少なく、手が回らない

もっとじっくり相談にのってあげたいという気持ちがありつつも、なかなかゆっくり話をきいたりアドバイスしてあげられませんでした。

そこで、試しにサイボウズLiveという無料のWebサービスで「就活応援グループ」をつくってみました。結果、OBまで巻き込むほどの盛り上がりをみせ、後輩の就職活動応援がうまくいきました。

早速、その活用方法を紹介します。

エントリーシート添削

就活生がまずぶつかる壁は「エントリーシート(ES)の作成」です。

短い文章の中に、自己PRや志望動機を具体的なエピソードとともに書く・・・・。文章を書きなれていない就活生にとっては、ES作成は本当に大変です。

どういったESが「良い」のか感覚がつかめず、1人でひたすらESに立ち向かうのはとても不安なことです。

就活応援グループでは、掲示版を使って4年生がESの添削をするというしくみをつくりました。

  • 1: 掲示板に添削してほしい文章を書く
  • 2: 4年生、OBが添削してコメントにアドバイスを書く
  • 3: アドバイスされたところを直して、コメントに書く

このとき、文章を引用するボタンを使うとラクです。

必要なところを選択して、引用ボタンを押すと、そこだけ引用されます。

細かな文章の添削をするのに、この機能は本当に便利で助かりました。

書式編集機能を使って直したところを赤字にしたり、ラインを引いたりするのもわかりやすくていいです。

遠くに住んでいても添削できるので、東京に就職したOBにも添削してもらえました。社会人の添削は早くてためになり、ちゃっかり自分も勉強になりました(笑)。

エントリーシート投稿のルール

サイボウズLiveの運用がスムーズにいくように、次のようなルールを決めました。

ルール:就活生は以下のタイトルで掲示板を作成する
【名前】「課題タイトル」企業名(締切日)

はじめは、掲示板には適当な名前をつけていたのですが、そのうち、どれから手をつけていいのか?この間みたESがどれだったか?というのがわからなくなってしまいました。

そのため、試行錯誤の結果、このルールに落ち着きました。ルールを決めたことで、優先順位もつき、添削がしやすくなりました。

月1回という時間に縛られないで添削できるようになり、ひとりひとりのESを丁寧にみてあげられるようになりました。

ファイルの共有が便利!

4年生が去年書いたES、志望動機の例文や企業分析などの資料は、ファイル管理にアップして共有すると便利です。

最初は紙に印刷して配ってましたが、手間だし、全員に渡せないという問題がありましたが。サイボウズLiveを使うことで解決しました。パワーポイント資料など、メールで添付できない大きいサイズの資料も交換できてよかったです。

掲示板に添付したファイルも自動で保存されます。また、バージョン管理もできるので、整理しやすいです。提出する際に「ESの最終版どれだっけ?」と探す手間が省けます。

就活生同士のコミュニケーションも活発に

就職活動は孤独な戦いになりがちです。面接で失敗することも
あるし、やる気をキープするのが難しいときもあります。

サイボウズLiveの掲示板で情報交換や悩み相談をするのもおススメです。「モチベーションが下がった時は、サイボウズLiveをみてみんなが頑張っているのを確認してモチベーションをあげていた」という後輩もいました。

もちろん、4年生やOBもたくさん書きこみ、アドバイスしました。悩んでる後輩には、気持ちを切り替える方法についてアドバイスしました。

掲示板で上がった話題の例

  • おすすめの就職活動本
  • 次の説明会まで時間があいたときにお勧めのカフェ情報
  • カフェに行くお金がないとき、ただで休めるところ
  • 就職活動で悩んでること
  • 就職活動でくじけそうになったときに聞いていた曲
他の人からは見えない、クローズなSNSなのがよかったです。みんな顔見知りだからこそ、mixiとかTwitterでは言えない本音が聞けました。

サイボウズLiveだと、こういった雑談から、データのやりとりまで、全部1つの場所でやりとりできるので便利だと思います。

4年生、OBだけのグループ

そのうち、部活のOBが、4回生、OBだけのグループを、もとのグループとは別につくってくれました。

  • どうやって運営していこうか
  • あいつ心配だけど大丈夫かな
  • あの子はが悩んでたから、こんな喝!メール送った

など、就活生には直接言えないことや、OBだけの内輪の話などで盛り上がり、うまくすみ分けしていました。

サイボウズLiveはいくつでも無料でグループが作れるので全体のグループと別に、サポート側だけのグループをつくったり、人数が多い場合には志望する業界でわけるのもいいかもしれません。

最後に

後輩の就職活動応援やってみて、せっかく先輩を頼りたい後輩、後輩を応援したい先輩がいるのに時間と場所の問題で制限されるのは本当にもったいないと感じました。

ネットのサービスだと、使い方がわからないとか、見るのが面倒とか、ITアレルギーの人もいて、実際そういう懸念もありましたがサイボウズLiveは簡単だから、IT苦手な人にも使ってもらいやすいと思います。

携帯からも見ることができるので、電車乗っている合間にES添削できたりして、やりやすかったかなと思います。

後輩は無事、就職活動を終えることができ、やってよかったです。就職活動も部活と同じで、励ましあったり、チームワークが大事だと思います。みなさんも、サイボウズLiveを活用してみてください。