はじめに

自宅で音楽を聞く時はiTunesを使っている人も多いと思います。

ここでは、iTunesのもっと便利な使い方として、「iTunesに歌詞を登録する方法」を紹介します!

この記事では、Windows 7を使用しています。

STEP1 まずは基本

初めに、iTunesでの歌詞の基本的な入力方法から。「ライブラリ」で歌詞をつけたい曲を右クリックし、メニューから「プロパティ」を選びます。

プロパティから「歌詞」タブを選択します。ここから歌詞を入力できます。

しかし、ここにいちいち手打ちで歌詞を入力するのは正直めんどくさいですよね。そんな時に使える便利なツールが「Lyrics Master」です!

STEP2 Lyrics Masterをダウンロードしよう!

Lyrics Masterから、自分のPCにあったものをダウンロードしましょう。

この画面から、自分のPCにあったものをダウンロードしましょう。

ここでは、Windows版で説明します。

ダウンロードしたファイルを解凍して、「LyricsMaster」というファイルを起動すると、チュートリアルが始まります。「次へ」ボタンで読み進めて行きましょう。

この中で、よく聞く音楽についての質問項目があります。検索をしやすくするためのものですので、素直に答えましょう。

チュートリアルでも注意がありますが、歌詞情報は個人で使用する場合に限って使用可能です。他の人にあげたり、ブログにUPすることは禁止されていますので、気をつけましょう。

チュートリアルが終わったら、Lyrics Masterのメイン画面が表示されます。

STEP3 歌詞を検索しよう!

メイン画面で「検索」ボタンをクリックします。

すると、下のような検索画面が表示されます。

「タイトル」「アーティスト」「歌い出し」「テレビ番組」で検索できるので、好きなもので検索しましょう。

検索結果から、お目当ての曲を見つけたら右クリックして、「ダウンロード」を選びます。

メイン画面にダウンロードした歌詞が表示されます。

ここでは著作権法の関係上、歌詞は隠しています。

STEP4 曲に歌詞を登録しよう!

歌詞のダウンロードが終了したらiTunesを起動して、歌詞を登録したい曲を再生しましょう。

そして再生中に、メイン画面の「適用」をクリック!これで、iTunesに歌詞を登録することができました。

もしくは、メイン画面の「iTunes」→「再生中の曲に適用」でもOKです!

おわりに

以上、「Lyrics Master」を利用してiTunesに歌詞を登録する方法を紹介しました。「Lyrics master」を使って、もっとiTunesを楽しみましょう!

(All Photo by 著者)