はじめに

普段使ってるパソコン、自分の使いやすいようにカスタマイズしたいと思っている方は多いと思います。

この記事では、カスタマイズの第一歩として、Windowsでタスクバーを好みに合わせてアレンジする方法を紹介します。

Windows7での方法です。

どこから設定するの?

タスクバーの設定は、「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」から変更できます。

画面左下のスタートボタン上で右クリックして、メニューから「プロパティ」を選ぶと表示できます。

どんなことが設定できるの?

タスクバーを固定する(移動する)

「タスクバーを固定する」のチェックボックスでは、タスクバーを固定するかどうかを選ぶことができます。

このチェックを外すことで、普段は下にあるタスクバーを上下左右好きな位置に動かすことや、タスクバーのサイズを変更することができます!

目印は上の写真で囲ってある部分。これが見えている時なら、タスクバーをドラッグすることで、

こうしたり、

こうしたりできます!

タスクバーを自動的に隠す

ここにチェックを入れると、使わない時にタスクバーを隠すことができます。

タスクバーを使う時は、タスクバーのある場所(画面端)にマウスポインタを移動させれば、下からタスクバーがにゅっと出現します!

小さいアイコンを使う

タスクバー上のアイコンを小さくすることもできます。

「小さいアイコンを使う」にチェックを入れると、こんな風に変えられます!

画面上のタスクバーの場所

タスクバーの場所を変えるのは、①の方法の他にここからでもできます。ドロップダウンメニューから上下左右好きな位置を選んで下さい!

タスクバーのボタン

ここでは、タスクバーでのアイコンの表示方法をカスタマイズできます。

  • 「常に結合、ラベルを非表示」:同じプログラムのファイルが開いている場合は、アイコンが結合されます。ファイル名は表示されません。

  • 「タスクバーがいっぱいの場合に結合」:何個かのプログラムが開いていてタスクバーからアイコンがはみ出す場合は、アイコンが結合されます。はみ出さない時は並んで表示されます。また、プログラム名があわせて表示されます。

  • 「結合しない」:アイコンは常に結合されず、プログラム名も表示されます。

通知領域のカスタマイズ

「通知領域」メニューでは、、タスクバーの右側にある通知領域のカスタマイズが出来ます。

「カスタマイズ」ボタンをクリックすると、このメニューが出てきます。

「アイコンと通知を表示」:常にアイコンが表示され、プログラムに変更や更新があった際に通知が表示されます。

「アイコンと通知を非表示」:アイコンは表示されません。プログラムに変更や更新があった際にも通知は表示されません。

「通知のみを表示」:アイコンは表示されません。プログラムに変更や更新があった際には通知が表示されます。

おわりに

以上、「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」からタスクバーをアレンジする方法を紹介しました。

自分の使いやすいように、いろいろ試してみてくださいね!

(All Photo by 著者)