はじめに

Windows PCを使っている人で、こんな経験がある人は居ると思います。

フルスクリーンモードから元に戻したり、プロジェクターを繋いだり外したりしていると、アプリケーションのウィンドウが画面の外にいってしまった!なんてとき、どうしていますか?

しかもウィンドウを開きなおしても画面内に戻ってこない…!どうしよう…

少しでも画面内に残っていればいいんですが…、たまに完全に画面外に出てしまうときがあるんです。マウスじゃ画面外に行けませんので、戻すことはできません。

ウィンドウ移動コマンドを使う

STEP1:まずはアプリケーションを選択

まずはウィンドウを移動したい対象のアプリケーションを選択します。もちろん、マウスではクリックできませんので、Alt + TABキーを押してアプリケーションを選択します。

Altキーは押したまま、対象のアプリケーションが選択されるまでTABキーを何回か押しましょう。

STEP2:ウィンドウメニューを開く

移動したい対象が選択されたら、今度はAlt + スペースキーを押して、ウィンドウメニューを開きます。一度押したら、キーから指を離して大丈夫です。

ウィンドウが完全に画面外にあるときは、このメニューすら画面内に表示されないかもしれません。
反応がない!と思っても、ちゃんと画面外でメニューが開いていますので、そのまま諦めずに続けてみてください。

STEP3:移動コマンドを選択

メニューが開いたらMキーを押します。そうするとウィンドウ移動モードになります。

マウスカーソル(ポインタ)が画面外に移動して、見えなくなっているはずです。

STEP4:矢印キーを押す

キーボードの矢印キー(アローキー)をどれでもいいので押します。1度押すと、なんとマウスカーソル(ポインタ)にウィンドウがくっつきます。

あとはそのままマウスを動かして、画面内にウィンドウを戻してあげましょう!

おわりに

いかがでしょうか。いざというときに役立ちますよ!

筆者はフルスクリーンのゲームをプレイしたり、PCにテレビを繋いで映像を視たり、プロジェクターに接続したりしますが、そのときによくウィンドウが画面外に出てしまいます。

そういうときは、いちいち再起動するのも面倒ですので、ぜひ使ってみてください!

(Photo by 著者)