はじめに

デスクトップはパソコンを起動すると常に表示される場所であり、すばやくアプリケーションにアクセスできる便利な場所です。

なので、いつでも使いやすい環境にしたいものです。そこで大切なのが、デスクトップのアイコンを表示したり、非表示にする機能。さらにサイズも変更できるので自分の使いやすいように設定できます。

これらの方法についてWindows7を使って解説していきます。

デスクトップのアイコンを表示する方法

まずは、パソコンを起動します。

デスクトップ上で右クリックする

デスクトップのどこでもいいので、右クリックをします。

すると、下の図のようにメニューが表示されます。

『表示』をポイントする

『表示』にマウスポインタを置きます。

『デスクトップアイコンの表示』にチェックを入れる

『デスクトップアイコンの表示』にチェックを入れます。

するとデスクトップにアイコンが表示されました。

デスクトップのアイコンを非表示にする方法

まずはパソコンを起動し、デスクトップを開きます。

デスクトップ上で右クリックする

デスクトップのどこでもいいので、右クリックをします。

すると、下の図のようにメニューが表示されます。

『表示』をポイントする

『表示』にマウスポインタを置きます。

『デスクトップアイコンの表示』のチェックを外す

『デスクトップアイコンの表示』のチェックを外します。

するとデスクトップからアイコンが消えました。

アイコンのサイズを変更する方法

まずはパソコンを起動し、デスクトップを開きます。

デスクトップ上で右クリックする

デスクトップのどこでもいいので、右クリックをします。

すると、下の図のようにメニューが表示されます。

『表示』をポイントする

『表示』にマウスポインタを置きます。

『大アイコン』『中アイコン』『小アイコン』から変更したいサイズにチェックをつける

『大アイコン』『中アイコン』『小アイコン』から変更したいサイズにチェックをつける

  • 大サイズ

  • 中サイズ

  • 小サイズ

おわりに

大変便利な機能なので、自分好みのデスクトップ画面に変えてみましょう。

(Photo by 著者)