お詫びと謝罪

こちらの記事ですが、金曜日からFacebook広告が変わる、という点と、第三者が自分の名前を使って広告が出せる、という点に関しては、デマだったようです。(下記記事参考)

【重要】金曜日から、facebookがユーザーの名前や写真を外部サイトへの広告などに使うことができるようになるそうです」といったデマはなぜ広がるのか - night and sundial

いいね!を押したものを広告に使えるという点に関しても別の設定だったようです。誤った情報を広めてしまい、ご迷惑、ご心配をおかけしてしまい申し訳ございません。

Facebook広告が変わる

Facebookによると、Facebookを使っているユーザーの名前・顔写真を使って、第三者が広告を出せるようになる可能性があるようです。

どういうこと?

そもそも「第三者が自分の名前を使って広告が出せる」とはどういうことでしょうか?

たとえば、僕が、自分のウォール上で「この本すごくよかった!」と投稿するとします。

すると、この情報を元に、第三者(この場合だとAmazon)が、僕の友達に対して、この投稿を使って広告が出せるのです。

一見、僕の投稿に見えますが、れっきとした広告です。

広告効果としては非常に高いものになる一方、自分がいいね!を押したものや、紹介したものを広告として使われてしまうと、自分がその商品をすごく薦めているように見えてしまう危険性もあります。

そこで、自分の情報を広告に利用できないようにする方法を紹介します。

やり方

STEP1

右上にある▼マークを押します。

STEP2

アカウント設定を押します。

STEP3

左側の「Facebook広告」を押します。

STEP4

第三者が表示する広告のところの「外部広告の設定を編集」を押します。

STEP5

設定を「非公開」にします。

おわりに

というわけで設定方法を紹介しました。

気づかないうちに使われないように意識しておくといいかもしれません!

一部、記述が間違っていたところを修正しています。申し訳ございません。