はじめに

古いTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)は、意外とすぐに見れなくなってしまいます。

相手からDMが届いた時はTwitterから通知メールが届くので、これを保存しておけば古いDMを確認する事ができます。ではこちらから送信したDMは? 「Store your DM」というサービスが、送信したDMについても同様のメールを送ってくれるので、このメールで保存しましょう。

やり方

STEP1: Store your DM の登録をはじめます

Store your DMのトップページにアクセスします。

「登録します」ボタンを押します。

STEP2: Twitter で「連携アプリを認証」します

利用規約やプライバシーポリシーを読み、「Twitter認証をはじめます」ボタンを押します。

Twitterの画面が表示されるので、「連携アプリを認証」ボタンを押して認証します。

ブラウザでTwitterにログインしていない場合は、ログイン画面が表示されるので、ログインしましょう。

STEP3: メールアドレスを登録します

自分のメールアドレスを入力します。

STEP4: メールで送られる「秘密のトークン」を入力します

入力したメールアドレスに、確認メールが届きます。英数字が並んだ「秘密のトークン」を選択してコピーしましょう。

選択+コピーがうまくできない場合は、メールに記載されている専用のURLにアクセスしても登録することができます。その場合はSTEP5に進んで下さい。

「秘密のトークン」をペーストして入力します。

STEP5: これで登録完了です!

「設定変更ページへ」をクリックすると、メールのタイプを選ぶ画面が表示されます。

メールのタイプを選びましょう

「1送信DM:1メールタイプ」「1日1メールタイプ」のどちらかを選びましょう。

「1送信DM:1メールタイプ」

送信 DM を送る度に、その内容がメールで送信されます。
・受信 DM は Twitter 公式の通知メールで保存したい人
・送受信する DM の数があまり多く無い人
・DM を送信したら、すぐにメールを受け取りたい人
にオススメです。

「1日1メールタイプ」

1日分の送信・受信 DM が、1つのメールにまとめて送信されます。
・Twitter 公式の受信 DM 通知メールは使わない・保存しない人
・1日に沢山の DM を送受信する人
・なるべく受け取るメールを少なくまとめたい人
にオススメです。

上記からどちらかのメールタイプを選択して設定を完了させましょう。