シンクロスキンbyプリントオンラインなどで「シンクロスキンFull」を購入された際にスキンシールを貼るコツと壁紙・アイコンの設定方法です。

iPhone5用はコチラ→Synchroskin for iPhone5

シンクロスキンFullとiPhoneと柔らかい布を用意。
この時、iPhoneは柔らかい布などで表面の汚れなどを落とします。

スキンシールの貼り方

STEP1(上面):

シンクロスキンを上面から貼っていくと比較的キレイに
貼ることができます。
イヤホンジャック付近はとても細く切れやすいので注意が必要です。

オンオフスイッチやイヤホンジャックに合わせて貼ると位置がわかりやすいです。

消音ボタンに重ならないように注意します。

STEP2(側面):

先程貼った上面に合わせて貼ります。

ずれてきても慌てずにゆっくりと貼り直しができます。

STEP3(底面):

底面はパーツが細いので切れないように注意しながら貼ります。

ドックとスピーカーの部分に合わせてゆっくりはります。

強く引っ張ると切れてしまうので注意が必要です。

STEP4(側面):

側面はiPhone4S用とiPhone4用の2種類ありますので、
ご利用の機器に合わせて貼っていきます。

音量ボタンの位置に合わせてゆっくり貼ります。

STEP5(前面):

サイドの部分が極めて細いので細心の注意で剥がします。

ホームボタンを目安に貼ると位置が合わせやすいです。
また、上部はインカメラとレシーバーを目安に貼ります。

ホームボタンはカッターナイフの先などに乗せて
スライドさせるように貼ると位置が合わせやすいです。

STEP6(背面):

背面は貼る面積が広いので再度汚れなどが無いように柔らかい布などで拭きます。

カメラを目安に位置を決めます。

空気が入らない様に柔らかい布などでこすりながら貼っていきます。

貼り直しをする場合、カッターナイフの先など薄くて硬いものをシールの間に差し込み、剥がすと比較的キレイに剥がれます。
その際、保護フィルムを剥がさないように注意してください。

壁紙のダウンロードと設定方法

シンクロスキンは壁紙とスキンシールがつながります。
まずは壁紙をダウンロードしてみます。

シンクロスキンに記載されているダウンロード用のQRコードが壁紙用とアイコン用の2つあります。

QRコード読み取りアプリ(Scanやお父さんQRがお勧めです)で、カメラを壁紙用のQRコードにかざします。

読み取りができました。

このままでは保存ができないため、safariで開きます。

画像を長押しして「画像を保存」をタップします。

保存した画像は「写真」アプリの中にあるので「写真」アプリを開きます。

左下の矢印をタップするとメニューが出るので「壁紙に設定」をタップします。

お好みの設定方法を選んで終了です。

アイコンのダウンロードと設定方法

シンクロスキンFull」はさらにアイコンまでつながります。
さっそく設定してみましょう。

壁紙をダウンロードした時と同じようにQRコード読み取りアプリでアイコンダウンロード用のQRコードにかざします。

読み取れました。

このままでは保存ができないためsafariで開きます。

下の矢印をタップして「ホーム画面に追加」します。

しばらくすると画像がアイコンに変わりますのでアイコンの形になったら右上の「追加」をタップします。

通信状況等が悪い場合、アイコンの絵柄が変わらない場合があります。その場合は通信状況の良い場所で再度設定してください。

ダウンロードされる位置はその都度違うので注意が必要です。
アイコンなので長押しして震え始めると移動ができます。

アイコンは全部で20個あるので左上から1〜20まで順番通りに並べると

アイコンまでつながったシンクロスキンFullの完成です!

アイコンは移動できるのでお手持ちのアプリアイコンと組み合わせる事もできます。

以上が、アイコンと壁紙とスキンシールの全てつながる「シンクロスキンFull」の貼り方と設定方法でした。